エイジングケア日記(体験談)17週間目
17週間目のエイジングケア日記(体験談)の記録です

 

早乙女わかこです。ご覧頂きありがとうございます。

 

ここ数日、最強寒波の到来でマイナス9℃って日もあったんですけどね。

今日は、なんとマイナス3.1℃。

ぺっこ(少しという意味です)布団から出やすい朝だったけど、大雪なんですよ~

今日は雪かき頑張らなきゃ (´・ω・`)

 

つい先日、テレビを見ていたら気になるニュースがあったんです。

それが「国際ロマンス詐欺」。

私はSNSのTwitter、Facebookをやってるんですけどね。

でも、 Facebookの友達申請にやたらと外国人が異常に多い

なしてだべか?ってず~っと思ってたんですよね (・・?

んっ?Facebookの友達申請にやたらと外国人が多い理由って、もしかしたら「国際ロマンス詐欺」なんじゃ (*ノェノ)キャー

 

ロマンス詐欺(ロマンスさぎ)は、主にインターネット上の交流サイトなどで知り合った海外の相手を言葉巧みに騙して、恋人や結婚相手になったかのように振る舞い、金銭を送金させる振り込め詐欺の一種[1]。国際ロマンス詐欺、国際恋愛詐欺、ナイジェリア詐欺などとも呼ばれる。送金した場合、現状では事後に金銭を取り戻せる対策はほとんどない

引用元:wiki

 

ひえ~まるで映画みたい!しかも日本人の中年女性を狙っているんだとか!

まさに、私はターゲットになっちゃうんですかね?

で、調べてみたら、容疑者が外国人とは限らない。

これはもう、「国内ロマンス詐欺」とも呼べるんじゃ・・・

 

相手の顔がわからない分、結婚詐欺よりもたちが悪いかもですね (-_-)

医者や沖縄や横須賀など在日米国基地勤務とか、アフガニスタンやシリアの軍人を名乗る外国人には要注意です!

というより、怪しい外国人アカウントは承認しないが正解かもですよ~

 

おっとっとっとっと。前置きが長くなってしまいました m(_ _)m

今日のエイジングケア日記体験談17週間目の記録になります。

 

天気と朝の最低気温 雪 マイナス3.1℃
スキンケア前の肌チェッカーの数値 水分量 36% 油分量 35% 弾力 普通
スキンケア後の肌チェッカーの数値 水分量 43% 油分量 26% 弾力 やや良い

 

最近、真冬日の日もあった割に、美ルルスキンチェッカーの数値もなかなか良かったなぁって思いました!

エイジングケア日記(体験談)を書くようになって、 冬になってから肌チェッカーの数値があまり良くなくて、肌が乾燥気味かなぁって思ったときもあったんですけどね。

真冬にこの数値なら50代の私としては優秀なんじゃないかと!

前回の数値と比べても良い感じかなぁって思いました~

 

前回のエイジングケア日記(体験談)16週間目の記録はこちらから
↓         ↓         ↓

 

エイジングケア日記【体験談】16週間目

 

前回のエイジングケア日記(体験談)の数値も、50代の私にしてはMAXの数字だったんですけどね。

この調子で頑張っていきたいなぁって思ってます^^

 

そうそう、私は50代になって閉経してから、あまりにも老けた自分が嫌で慌ててエイジングケアを始めたわけなんですが・・・

エイジングケアを始めるときに、最初に買ったのが本だったんですね。

調べるならインターネットが便利なんですけど、どうにもこうにも意見が様々で、これって若い人向けの情報なんじゃない?って思うものだったり、意見が違うことが多かったりして、どれを信じていいのかわからない(笑)

最初は、本を読むなんてお金もかかるし面倒くさいって思ってたんですよ~

だって、タダで調べられる方法があるのに、わざわざお金を出して本を買うなんてって、ぺっこ(少しという意味です)頭をよぎったりもしました。

 

でも、本を読んでみて正解だったなぁって思うんです。

お陰で今まで疑問に思っていたことがスッキリ解決できました!

急がば回れっていうけど、本当にその通りですね ^^;  →『早乙女わかこが読んだエイジングケアの本を見てみる

 

で、界面活性剤について復習の意味でお話しをしようと思います。

そもそも界面活性剤ってなんなのか?

字だけ見ると、なんか危険な成分なんじゃないの?って思われがちなんですよね~

 

実は私も界面活性剤って肌に悪いものだとず~っと思ってたんですよ ^_^;

ほら、界面活性剤って身近なものだと台所洗剤を思い出しちゃう。

台所洗剤って手が荒れてガサガサになるし、酷くなると皮剥けしちゃいますもん。

だから、界面活性剤って肌に刺激があって、危険なものだって思っている人って私だけじゃないと思うんですよね。

 

界面活性剤って簡単にいうと、水と油を混ぜ合わせる性質があるもの

でも、界面活性剤にもいろんな種類があって、マヨネーズやアイス、チョコレートなんかにも使われているんですって。

で、化粧品に使われる界面活性剤は、肌にほとんど刺激がなく肌に優しいものなんだそうな。

そうか~

私は界面活性剤のせいで肌荒れしちゃうんじゃないの?って思ってたので、まったく見当違いだったってことになりますね。

 

化粧品に使われる界面活性剤には、

 

  • アニオン(陰イオン)界面活性剤
  • カチオン(陽イオン)界面活性剤
  • 両性(アンホ)界面活性剤
  • 非イオン(ノニオン)界面活性剤

 

この4種類があります。

 

アニオン(陰イオン)界面活性剤の代表的なものが、洗剤や石けんやシャンプー

洗浄効果が高い分、肌荒れしやすいのが特徴なんですって。

 

そして、カチオン(陽イオン)界面活性剤の代表的なものが、柔軟剤やコンディショナー

洋服がふっくらするのも、シャンプーしてキシキシした髪を柔らかくふんわりしてくれるのも、カチオン(陽イオン)界面活性剤のお陰だってことですね。

 

そして、スキンケア用品に使われるのは、非イオン(ノニオン)界面活性剤。

肌への刺激って、実は「静電気」が原因なんだそう。

だから、化粧品に配合される「非イオン(ノニオン)界面活性剤」は静電気が起きない

だから、肌への刺激がほとんどゼロなんですって。

詳しくはこちらを見てくださいね!

 

界面活性剤の種類【納得】化粧品には刺激がない非イオン系が使われてる

 

本を読んでみると、今まであやふやで分からなかったことが、スッキリ解決できますよ~

もし、肌荒れが酷かったり、乾燥肌でスキンケア方法がわからないって人は本を読んでみると、間違ったスキンケアをしてたってことに気付くかもです。

このサイトでも、私が勉強した内容を書いてますので、興味があれば、いろいろ読んでみてください。

 

で、本を読んで勉強した結果、エイジングケアに大切なのが「保湿ケア」であって、水分保持力の高い成分が「人型セラミド」ということがわかりました。

事実を知るまで時間がかかりすぎた・・・(´・ω・`)

5年後10年後も若々しい肌に!これからもエイジングケアを頑張っていきますよ~

 

>>「50代からのエイジングケア|早乙女わかこのリアル実践記」HOMEへ戻る

 

50代でも乾燥知らず!人型セラミド配合オールインワンランキング