やってはいけない肌のケア
普段行っているスキンケアが実は肌に悪かった?本当に美肌になりたい人は読んで見る価値あり!

 

 

著者 村松 重典
発行日 2017年9月22日

村松 重典医師ってどんな人?

プロフィール

1972年生まれ、愛知県出身。弘前大学卒業後、順天堂大学医学部付属皮膚科入局。
2005年 皮膚科専門医資格取得。
2007年 おしげ皮フ科クリニック開業。
多くの患者を治療した経験から、皮膚尿の多くは生活習慣や食習慣と密接な関係があることに気付き、村松重典医師自身の生活も改善したところ、ダイエットに成功した。

書籍内の雰囲気

早乙女わかこ早乙女わかこ

皮膚科専門医という視点で数多くの患者さんを見てきているからこその村松重典医師の信念のようなものを感じました。肌トラブルが多くどうしても治らないという人は一度読んでみるといいと思いました。人によって好き嫌いが分かれると思いますが、Q&A方式で悩みをわかりやすく解説してくれています。

書籍の目次

はじめに 毎晩のクレンジングがあなたの肌を壊しています 3

第1章 基本の肌ケア   15

●手間とお金をかけるほど肌は美しくなりますか?
●メイクは毎晩完全に落としてから寝ないとダメですか?
●鼻のなわりが赤くなったり、くすんだりして透明感がありません、古い角質が蓄積している証拠ですか?
●美肌力を最大限に引き出す毎日のケアは何をするべきですか?
●高級な美容液なら効果は期待できますか?
●日焼け止めは刺激が強いので使用を控え、帽子などで日光を避けるべきでしょうか?
●メイクは肌に良くないものですか?
●汚れやすい頭皮をトラブルなく清潔に保つコツはありますか?
●オーガニック系のアイテムなら安心ですか?
●薬を塗ってもなかなか良くなりません

第2章 肌荒れ&赤ら顔のケア   55

●小鼻のまわりの赤みがタオルでこすっても取れません
●軽い感想なら自分でもケアできますか?
●肌荒れは予防できますか?
●口のまわりにブツブツしたものができやすいのが悩みです。

第3章 ニキビのケア   67

●思春期が過ぎたらニキビは落ち着きますか?
●大人ニキビに悩んでいます。ちゃんと洗顔しているのに治りません
●肌にボコボコしたニキビ跡が残らないか不安です
●しつこいニキビは予防できますか?

第4章 手荒れ&主婦湿疹のケア   83

●毎日の水仕事で手荒れが慢性化しています。完治できますか?
●病衣予防のための手洗いは大事。抗菌剤などで殺菌すれば大丈夫?
●家事をしても大丈夫な、手荒れしない予防法を教えてください
●主婦湿疹と判断されました。どんな病気ですか?

第5章 頭皮のケア   93

●頭皮に湿疹ができてしまいました。カビが原因でしょうか?
●頭皮湿疹を予防するにはどうしたらよいですか?
●脂性肌なのでシャンプーをやめるのは不安です
●パーマやヘアカラーは頭皮に悪いですか?

第6章 シミ・シワのケア   107

●シミはなぜできるのですか?
●シミ予備軍があると言われました。美容液でケアすれば予防や治療はできますか?
●肝斑は女性ホルモンが原因なのでしょうか?
●肝斑を治すためにはどんな治療が良いでしょうか?
●あまりこすってないはずなのに肝斑になってしまいました
●深いシワを消すことはできますか?

第7章 肌に良い食事・悪い食事   125

●美肌になる食べ物を教えてください
●体に足りない成分をサプリメントで摂ることはOKですか?
●感触は控えたほうが良いですか?
●ファーストフードやスイーツがやめられないのですが・・・
●ベジタリアンになると美肌になれますか?
●お酒とタバコは肌に悪いですか?

第8章 肌に良い生活・悪い生活   153

●肌に効果的な入浴法を教えてください。
●温泉は肌に良いですか?
●美肌のために8時間睡眠は必要でしょうか?
●健康な肌のために、衣類を洗うコツはありますか?

第9章 アトピーのケア   169

●アトピーの原因は何ですか?
●アトピーと診断されたらすることは?
●アトピーの治療にはどんなものがありますか?
●炎症が治ったら薬はやめても良いですか?
●汗をかけるようになるには何をすれば良いですか?
●かゆみを軽減する方法があれば教えてください
●アトピーの場合、生活で注意すべきはどんなこと?

おわりに アトピー増加が意味するもの 197

書籍を読んだ早乙女わかこの感想

 

ふとエイジングケアの本を探していたときに、「行列ができる皮膚科」というキャッチコピーに惹かれて買った1冊です。

本書の著者である村松 重典医師は「おしげ皮フ科クリニック」の院長です。

へぇ~どんな病院なんだろう?と気になってインターネットで検索してみたんですよ。

 

ホームページを見てみると、当日順番取りというものがありました。

予約診療のことだと思いますが、それだけ人気の皮膚科なんでしょうね~

以前はネット診療も行っていたようですが、現在は行ってないみたいです・・・残念!

 

病院って昔は堅苦しいイメージでしたけど、今は明るい雰囲気を出す努力をしている病院も多いですよね~

「おしげ皮フ科クリニック」も今どきの明るい雰囲気の病院で、堅苦しい印象はなく、親しみやすい感じでしたよ。

村松 重典医師は、SMAPファンということで、私の年代の女性ならば話しが合う人もいるかも(笑)

 

以前、同じような内容の書籍で「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」( 宇津木 龍一医師)を読んだことがあるんですけど、「やってはいけない 肌のケア」も同じような内容ですね。

この手の本は好きと嫌いがはっきり分かれるんだと思うんです。

 

例えば、

  • 化粧品は極力使わない
  • クレンジングや洗顔料は使わない
  • 髪はシャンプーを使わず湯シャンする

 

などなど(笑)

今まで信じてきたものを止めるって、勇気がいることですよね~

 

でも、村松 重典医師を信じて、クレンジング、洗顔、ファンデーションを変えてみたんですよ。

そしたらなんと!肌が少し変わってきたんです!

 

以前は、美容雑誌を見てクレンジング剤を買ったりしたこともあるんですけど、あれって信用ならないですね・・・

人気のクレンジング剤を塗ったら、 みるみる肌が乾燥する感じがわかるんですよ。

お風呂から上がって何も塗らないと肌が乾燥していく感じって分かりますか?(語彙力なくてごめんなさい)あれと同じ感覚がありました。

メイクはちゃんと落ちるんですけど、肌への刺激が強すぎて私には合わなかったんですね・・・

結局、せっかく買ったのに2~3日しか使いませんでした。勿体無いことをしてしまった (´・ω・`)

 

でもですね~

どうしてもダメだったのが湯シャン。

髪がベタベタして臭いも気になる・・・私には向きませんでした

 

もし、あなたが大人ニキビや肌トラブルで悩んでいるなら、一度試してみる価値はあると思いますよ。

 

肌の仕組みを理解するって大切なんだって改めて思いました。

あなたも、もしかしたら自分では正しいと思っていたスキンケアが、間違ったスキンケアかもしれないですよ!

 

私は50代になって、初めてエイジングケアを始めたんですが、間違っていたことっていっぱいあるんです。

自分の肌が本当に欲しているものなのか?を考えるきっかけとなりました。有り難や~

皮膚科専門医の立場から多くの患者さんを見てきたからこその考え方を、診察することなく知ることができるのは嬉しいですね。

 

>>エイジングケアの本・書籍の一覧に戻る