まいにち若返る人の習慣
スキンケアを頑張るだけで若返る!世界最先端研究を元にエビデンスを示した若々しい習慣とは?

 

 

著者 根来 秀行教授

発行日 2017年12月8日

根来 秀行教授ってどんな人?

プロフィール

医師、医学博士。東京大学大学院医学系研究科内科学専攻博士課程修了。ハーバード大学医学部客員教授、パリ大学医学部客員教授、フランス国立保健医学研究機構客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床、研究、医学教育で国際的に活躍中。(本書から抜粋)

書籍一覧

  • ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!
  • ホルモンを活かせば、一生老化しない
  • 老けない、太らない、病気にならない 24時間の過ごし方
  • 健康は「時間」で決まる
  • 眠っているうちに病気にならない体をつくる
  • 身体革命―世界最先端のアンチエイジングの法則

 

書籍内の雰囲気

早乙女わかこ早乙女わかこ

老ける人と老けない人の違いは何か?を最先端の科学的根拠を元に説明をしてくれてます。何故良いのか?が理解できれば、やる気スイッチも入りますよね。エイジングケアには食事や生活習慣が不可欠です。栄養学の話だけではなく根拠がわかりますよ。

書籍の目次

はじめに   8

Part1 老ける人と老けない人、何が違う?   9

●私の体は大丈夫?「老化加速中!」のサインはある?
●そもそも、老けるってどういうこと?
●見た目の若々しさと体の中の老化度は、比例するって本当?
●急に”老け顔”になるのはなぜ?
●同年齢でも若々しかったり、老けていたり。老化の差って遺伝で決まるんじゃないの?
●見た目の変化だけじゃない。気持ちがどんより落ち込む・・・これも老化なの?
●ストレスは老化の原因ってホント?
●いつまでも若々しくいることはできる?

Part2 老けない体は「体内時計、自律神経、ホルモン、毛細血管」のチームが作る!   63

●体内時計
●自律神経(交感神経、副交感神経)
●毛細血管
●ホルモン
●アンチエイジングホルモン
●幸せホルモン
●美肌ホルモン
●やる気アップホルモン
●老化ホルモン

Part3 毎日コツコツ若返る!睡眠、食事、運動。メンタルケアのコツ   99

●若返る睡眠 100

若返る睡眠① 毎朝同じ時間に起きて太陽を見ると、体内時計がリセットされて睡眠リズムも整う!
若返る睡眠② 7時間睡眠で体の再生工場をフル稼働!これが肥満予防&若返りの秘訣
若返る睡眠③ 起きて1時間以内の朝ごはんで「腹時計」をリセットすれば、眠りのリズムも自然と整う
若返る睡眠④ 15時まで30分以内の昼寝での脳も神経も体も一気にリフレッシュ!
若返る睡眠⑤ 小さくても強い光はおじゃま虫!22時以降はやさしい明かりで自律神経を穏やかに
若返る睡眠⑥ ぬるめのお風呂に浸かって体温を少し上げておくと入眠がスムーズになる
若返る睡眠⑦ アルコールによる睡眠は気絶しているようなもの。さらば寝酒!カモン快眠!
若返る睡眠⑧ 休日は早寝&定時起床で体内時計を乱さずに、睡眠負債を返済!
若返る睡眠⑨ ”お腹空っぽ”でベッドイン。これで消化疲れにサヨナラ。
若返る睡眠⑩ 眠る前の”脱力タイム”で全身の毛細血管へ血流を送り、体をメンテナンス

●若返る食事   128

若返る食事① 朝一番に行いたいのは水分補給。睡眠中に出た老廃物をごっそり捨てる
若返る食事② 朝食で、酵素が生きた食材を摂れば、代謝がスムーズに活性化。太りにくい体になる
若返る食事③ ひとくち20回噛めば自然と腹八分目に。幸せホルモンも分泌されて一石二鳥!
若返る食事④ 野菜に含まれる天然成分の総合力には、サプリを凌ぐ若返りパワーがある!
若返る食事⑤ 抗酸化パワーがアップする!「3つのフリーラジカルバスター」をチェック!
若返る食事⑥ 22時に食べるケーキは、15時に食べるケーキの20個分!甘いものを食べるなら、断然15時!
若返る食事⑦ ほどよい空腹タイムは若返りのチャンス!成長ホルモンが分泌されて体のサビがキレイに落ちる
若返る食事⑧ 脱!サラダ油&マーガリンで悪玉コレステロール減!心疾患のリスク減!
若返る食事⑨ 22時以降は脂肪蓄積度高し。残業デーは、夕食を2回に分けて深夜のドカ食いを阻止!
若返る食事⑩ 疲れやストレスで酸性に傾いた体は、梅干し1粒でスッキリ中和できる!
若返る食事⑪ 疲れ、だる重~には「週1回のレバーデー」タンパク質&鉄を補強し血流アップヤセ体質に!

●若返る運動   161

若返る運動① 筋トレは、朝より夕方!成長ホルモンがグンと増え、アンチエイジングを助けてくれる
若返る運動② コツコツあるきは若返りの御利益がいっぱい!
若返る運動③ 散歩前にスクワット。無酸素運動+有酸素運動で脂肪がメラメラ!
若返る運動④ 体幹ストレッチでもう債権感をゆるめて代謝アップ&ウエストくびれ!
若返る運動⑤ お風呂上がりのストレッチで、全身の毛細血管がメキメキ若返る!
若返る運動⑥ 顔の筋肉も鍛錬可能。毛細血管も鍛えてリフトアップ!肌つやアップ!
若返る運動⑦ ドライマウスの原因は自律神経の乱れ。体も舌も動かして血流を促そう!

●若返るメンタルケア   188

若返るメンタルケア① 横隔膜は自律神経センサー。呼吸法で副交感神経を優位にすればリラックス~!
若返るメンタルケア② 5分間の「頭空っぽタイム」で脳の疲れをリフレッシュ。記憶力、集中力が蘇る!
若返るメンタルケア③ 笑いは最強の”元気玉”。快楽ホルモンがドバーッと出て、脳も体も元気になる!
若返るメンタルケア④ ふれあいは究極の癒やし術。幸せホルモン効果で心も体もリラックス
若返るメンタルケア⑤ ポジティブな気持ちでアンチエイジングホルモンが増え、心も体も若返る!

書籍を読んだ早乙女わかこの感想

「毎日若返る人の習慣」を読んでみました。

この本は、ハーバード大学・パリ大学医学部客員教授である根来 秀行教授の最新の著書です。

 

年々、 見た目、身体、心、全てにおいて老けちゃったなぁ~って思うんです。

でも、何から初めていいのかわからなくなるんですよね~

 

でもですよ。

同い年であっても老けてる人と若々しい人っているんです・・・

老ける人と老けない人の違いはどこにあるの?って気になりませんか?

根来 秀行教授は毛細血管をはじめとする、身体中にヒントが隠されているって言うんですよ。

 

エイジングケアって、女性の美容法と思われることが多いけど、現在は美容法という不確かなものではなく、医学とか研究の対象になっているんですって。

アメリカでは盛んにエイジングの研究が行われており、根来 秀行教授がいらっしゃるハーバード大学だけではなく、多くの大学や研究機関でも画期的な研究成果が発表されているそうなんですよ。

 

でもでも!

私たちって医師じゃないから、医学や研究って言われたって専門的なことなんて全然わかんない!(笑)

 

本書では、最先端の科学的根拠をもとに、身体の仕組みをわかりやすく説明し、忙しく過ごしている人でも実践しやすい方法を教えてくれてるんですよ~

 

基本的なことって、食生活や生活習慣って耳にタコができるほど聞いてるんですよね・・・

でも、分かっちゃいるけど、なかなか行動できないっていう人がほとんどなんじゃないかなって思うんです。

それができたら、みんな健康で病気をする人も少ないですよね(笑)

 

でも、とりあえず、先入観は置いておいて!

まずは頭で理解して実際やってみるのがいいと感じたんです。

見方によっては、この手の本を読んでいらっしゃるのであれば、物足りなさを感じる人もいるんだとは思います。

 

確かに基本的な部分は変わらないかもしれないんですけど、きちんと根拠を示しているものって少ないんですよね~(数値とか研究結果とか)

そして、書籍を読んでがっかりすることもあるんですよ。

それが自分のビジネスに繋げる著者!

医者でもビジネス寄りの人と、そうじゃなく売り込みなしの人っているんですよ。

根来 秀行教授は後者なので安心して読めます(笑)

 

根来 秀行教授は、多くの患者さんを診ていて思うのが、日々の生活の中に改善の道があることだとお話しをしてました。

でも、頑張らなきゃと思うと最初は続いても、三日坊主で終わってしまうパターンって多いんですよ。

コツは無理なく続けられるか?自分がどれほど本気で改善したいと思っているのか?っていうところですよね。

 

私もエイジングケアを始めるようになってから、意識はしてるんですけど、たま~にサボる日もあり!(笑)

でも、以前と比べて行動ができるようになった自分を褒めてあげたい (*´ェ`*)

テレビを見ているとき、買い物しているとき、ちょっとの空き時間を利用してました~

 

やることは地味でシンプルの極み!

若々しさをキープするため、日々の生活を見直すきっかけになる1冊でした。

 

>>エイジングケアの本・書籍の一覧に戻る