セラミドの種類と違いとは?
セラミドの種類と違い【保湿成分完全ガイド】最も保湿力が高いのは?

 

早乙女わかこです。ご覧頂きありがとうございます。

 

あ~年々、乾燥肌が酷くなっていく・・・たっぷり化粧水で保湿しているつもりなのに、なんで肌が乾燥しちゃうんだろう???

私は20代の頃からず~っと乾燥肌で悩んでいたんですよ~

さらに 化粧水で顔が赤くなったりかぶれたりしちゃうこともあるんです。

これって乾燥性敏感肌なんだべか???

 

私も、もう50代。年齢肌対策ってしなきゃならない年齢なんですよね~

50代になってエイジングケアを本気でエイジングケアに取り組もう!と思って最初に買ったのが書籍でした。

インターネットで調べるのは楽なんですけど、間違った情報もあるのが困りもの (-_-)

それで何度失敗したことか  (ノД`)シクシク

 

本を読んでみると、最強の保湿成分がセラミドだっていうことがわかりました!

でもセラミドには、いろんな種類があり、それぞれ違いがあるんですね~

セラミドは保湿成分なんですけど、その保湿力はセラミドの種類によっても違うということがわかりました!

 

年齢肌対策として一番に取り入れたい成分がセラミド。

赤ちゃんの肌を触るとしっとりプルプルしてますが、それはセラミドがたっぷりあるからなんだそうな。

セラミドの中でも人間の肌と相性がバツグンなのが、セラミドの中でも「人型セラミド」

実際に使ってみると、 化粧品によく配合されているヒアルロン酸やコラーゲンと比べたら、本当に雲泥の差があるんですよ~

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

年齢肌対策に必要なセラミドの種類と違い、代表的な保湿成分についてもお話しをしていきますね。

セラミドとは?

肌の構造のイラスト
セラミドとは?

 

50代にもなるとですね~足りないものが数知れず・・・

 

化粧品に期待したくなるのは、

 

  • 美白ケア
  • たるみ対策
  • シワ対策
  • ニキビケア
  • 保湿ケア

 

あげるとキリがない(笑)

 

でも、この中でも重視したいのが「保湿ケア」なんですよ。

なぜなら、化粧品は角質層までしか浸透しないから!

この事実を知ったときは、「嘘~っ!知らなかった~!だって肌の奥まで浸透」とかって書いてるじゃない!?

 

そうそう、あなたは「バリア機能」って知ってますか?

 

バリア機能には、

 

  • 水や細菌、ウィルスなどから守る
  • 肌にある水分が蒸発しないように守る

 

こんな働きがあるんですって。

 

例えば、お風呂に入っても、お湯が肌の中に入っていくことはないじゃないですか。

これって、ちゃ~んとバリア機能が働いてくれてるからなんですよ~

 

化粧品が浸透するのは角質層までなんです。

上の写真に赤で◯をしているところを見てくださいね。

ここが角質層なんですけど、厚さは、たった0.02mmのとても薄い膜だと知って驚きました・・・

詳しくはこちらを見てくださいね!

 

安い化粧水をバシャバシャ使っても浸透しない 間違った保湿の常識5つ

 

化粧水はどこまで浸透する?肌の奥まで浸透の事実に驚いた!

 

そして、この角質同士を接着剤のようにくっつける働きをしているのが、セラミドなどの細胞間脂質

セラミドは細胞同士をくっつけるだけでなく保湿するという働きがあるんですね。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

私はもう50代なんですけどね。まだまだ知らないことっていっぱいあるんだなぁって思うんですよ。調べるときにインターネットって便利なんですけど、情報が正しいかどうかを精査する必要があるんですね。でも、ある程度の知識がないと精査することができない・・・なので、本を買って勉強してみました。すると、あ~私って無駄なことばっかりしてたんだなぁって(笑)本を読んでみると事実がわかりますよ。早乙女わかこが読んだ書籍はこちらから→『エイジングケアの本・書籍

細胞間脂質の構成

角質同士を接着剤のようにくっつけたり、保湿の役割をしてくれる細胞間脂質。

で、細胞間脂質の構成がどんな風になっているか、表にまとめてみました!

 

セラミド 約50%
遊離脂肪酸 約20%
コレステロール 約15%
コレステロールエステル 約10%
糖脂質 約5%

 

ねっ!細胞間脂質はセラミドが圧倒的に多いんですよ~

 

でもですね・・・

セラミドって年齢とともに減ってしまうんですって。

だから、肌が乾燥しやすくなるんだ~

肌が乾燥している人がセラミドを塗るだけで保湿機能が回復することが報告されているんです。

 

ちなみに、アトピーさんは、肌にセラミドが少ないんだとか。

ヒリヒリピリピリするのは、バリア機能が低下しているってことなので、セラミドによってバリア機能が正常になるとアレルゲンなどによって刺激を受けることが少なくなるんだそうですよ。

 

実際に、セラミド配合の化粧品を自分で使ってみるとよ~っくわかりますよ!

正しい保湿の仕方については、詳しくはこちらを見てくださいね^^

 

正しい保湿の仕方 保湿ケアの新常識!間違った方法7つとは?

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

セラミドには、いろんな種類があるんですよ~まずは、セラミドにはどんな種類があるのか?そして、セラミドによって違いもありました。化粧品を選ぶときって成分を見ることが少ないかもしれないんですけど、ちゃんと成分を確認すると自分にあった化粧品を選べるようになってきますよ~

 

セラミドの種類と違い

セラミド

引用元:wiki

 

セラミドは、大きく分けると12種類、細かく分類すると300以上あるんだそう。

ひぇ~  (゜o゜;

化粧品の成分は聞いたことがないカタカナだったり、アルファベットだったりするので、ちょっと馴染みがなく分かりづらいんですよね~

 

化粧品の成分として使われているセラミドの種類は次の4つ。

 

  • ヒト型セラミド
  • 疑似セラミド
  • 天然セラミド
  • 植物性セラミド

 

セラミドといっても、こんなに種類があるんですよ~

それでは、1つずつどんな特徴があるのかを見ていきますね!

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

エイジングケアをする前は、セラミド配合の化粧品を使ったことがなかったんです。本当に無知でしたね~(笑)最近は、化粧品の成分だけでなく、正しいスキンケアのやり方もわかってきたので、肌の調子が良くなりました。肌荒れや肌トラブルが激減したのに、我ながらビックリなんですよ!

ヒト型セラミドの特徴は?

セラミド1 水分保持、外部の刺激から守る
セラミド2 水分保持
セラミド3 水分保持、シワを抑制する
セラミド4 外部の刺激から守る
セラミド5 水分保持、ターンオーバーを促す、シワを抑制する
セラミド6 水分保持、ターンオーバーを促す、シワを抑制する
セラミド6Ⅱ ターンオーバーを促す、シワを抑制する
セラミド7 細胞の増殖分化をコントロールし、皮膚にある菌のバランスを整える

 

ヒト型セラミドは全部で8つ。わかりやすいように表にまとめてみました~

 

この中で特に保湿に優れているのが、「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」。

特に化粧品で使われるのが「セラミド2」なんですけど、実は最も肌に多いのも「セラミド2」になります。

 

「ヒト型セラミド」は私たち人間のセラミドに近い構造になるよう、酵母を使って作られた成分になんだそうな。

以前は上の表のような表記になっていたんですけど、今は、数字ではなくアルファベットに変更されましたね~

 

セラミド1 セラミドEOP
セラミド2 セラミドNG又はセラミドNS
セラミド3 セラミドNP
セラミド6Ⅱ セラミドAP
セラミド9 セラミドEOS

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

私は必ず化粧品の成分表示を見てるんですけど、セラミドの表記がアルファベットに変更されてます。数字のほうがわかりやすかったと思うのは私だけだべか?

疑似セラミドの特徴

玄関に置いてある灯油缶
疑似セラミドの原料は石油で作られている

 

疑似セラミドは、合成セラミドと呼ばれることもあるんですけど、つまり原料が石油で作られた成分。

疑似の言葉通り、ヒト型セラミドに構造は似ているものの、まったくの別物と考えたほうがいいですよ。

 

セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドなどは疑似セラミドなんだそうな・・・

長くて覚えづらいですよね・・・(-_-)

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

石油はそもそもが天然の成分なので安全性に問題はないです。化粧品の界面活性剤なんかも危険性があるっていう人もいるんですけど、実は植物性エキスのほうが肌荒れになったりするんですって。なので無添加化粧品って言葉に騙されちゃダメですよ~

天然セラミドの特徴

馬油 ソンバーユ
天然セラミドは動物の脳や脊髄を抽出したもの

 

天然セラミドは動物の脳や脊髄を抽出や精製を行うことによって作られたもの。

以前は、牛由来のセラミドが主流でしたが、BSE問題によって現在は馬が主流となったのだそうな。

馬スフィンゴ脂質、セレブロシドなどは天然セラミドですよ。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

私は肌荒れしたときに、よく馬油を使うんですけど、馬油にも若干「馬スフィンゴ脂質」が入っているんですって。あくまでも若干なので保湿力はそれほど高くはないけどですね・・・馬油について詳しくはこちらを見てくださいね!→『馬油洗顔のやり方 エイジングケアに効果ありか50代主婦が試した結果』『馬油とワセリンは併用できる?保湿効果を肌チェッカーで測ったら?』『目の下のたるみに馬油は効果なし!乾燥小じわなら予防できる

植物性セラミドの特徴

お米をとぐ
植物性セラミドは米やこんにゃくから抽出されたもの

 

植物性セラミドは、米やとうもろこし、大豆、こんにゃく芋などから抽出されたもの。

こんにゃく芋にはこんにゃくセラミドが多く含まれているとテレビでやっていたので、一時期とてもこんにゃく料理にハマったことがあるんですよ(笑)←続けなきゃ意味がない!

 

植物性なので原価が安くすむのが魅力。

でもね・・・保湿という点では劣るのがデメリットなんですよね~

米ぬかスフィンゴ糖脂質などは植物性セラミド。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

ちなみに、私は自家製甘酒を作ってるんですけど、この甘酒にも「グルコシルセラミド」が含まれているんだそう。肌にセラミドを補いながら、身体の中からもエイジングケア!乾燥肌対策に毎日飲むようにしてました。

 

セラミドにはいろんな種類があるのがわかりました。

でも、最も保湿力が高くエイジングケアのために選ぶなら、やっぱりヒト型セラミドになりますね。

 

化粧品の成分の記載について詳しくはこちらを見てくださいね!

 

化粧品と医薬部外品の違いは?効果効能と成分表示について解説

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

セラミドにもいろんな種類があるとわかって、頑固な乾燥肌の私は「人型セラミド」配合の化粧品を使うことにしたんですよ~本当に遠回りしたなぁ・・・(遠い目)後は、正しいスキンケアを実践するのみ!あっ!食生活や生活習慣も大切ですよね~できることから頑張っていきますよ~

ラメラ構造を整える化粧品は細胞間脂質に水分をキープできるかがカギ

最近流行りのラメラ構造を整えるっていう化粧品

これって、つまり細胞間脂質にいかに水分をキープできるのか?がカギになるわけなんですよね~

 

細胞間脂質の構成はセラミドが50%を占めてるんです。

だから、セラミド配合のもの、更に言えばヒト型セラミド配合の化粧品でなければ、保湿力に満足はできないんでしょうね~

50代のエイジングケアに大切なのは、保湿力が高い化粧品を選ぶことなんですもん。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

ラメラ構造を整えるというキャッチコピーの化粧品が気になってたんですよね。大切なのは細胞間脂質に水分をキープできるか?というところがポイント。ここがわかれば、化粧品選びに困ることは少ないはずですよ~

米のとぎ汁で洗顔とパックをしてみました

米のとぎ汁パックをしているところ
米のとぎ汁で洗顔とパックをしてみたら少し肌が潤いました

 

奇跡のアラフィフ水谷雅子さんもやってるって聞いて、米のとぎ汁洗顔と米のとぎ汁パックをやってみたんですよ~

するとですね。

ぺっこ(少しという意味です)なんですけど、肌に潤いを感じられました

お湯で洗顔するよりもいいかも!

詳しくはこちらを参考にしてくださいね!

 

米のとぎ汁で洗顔しても肌荒れなし【動画有】パックも試してみたよ!

 

実は、 肌に一番負担がかかっているのがクレンジング剤と洗顔料だって知ってましたか?

だから、クレンジングは市販のものを使わず植物性オイルを使ったりすると肌にも優しいし、洗顔料を使わない「洗顔しない美容法」をやってみるといいですよ~

私はこれで肌がゴワゴワしなくなりました!

 

そして、その後は「人型セラミド」配合化粧品でしっかり保湿をすれば完璧 ( ´∀`)bグッ!

ちなみに、化粧品ってライン使いは必要ありませんからね~

要は、どんな保湿成分が入っているかがカギなんですって(と本に書いてありましたよ)

 

【保湿成分完全ガイド】保湿力を比較してみました

世の中には、いろんな保湿成分ってあるんですよ~

化粧品って面白いんですよね!

 

私も以前は、化粧品の成分なんて、さっぱりわからなかったんです ┐(´д`)┌ヤレヤレ

本当におしょすい(恥ずかしいって意味です)んですけど、恥は晒してなんぼかなぁって(笑)←女性は子育てしながら、たたかれながら強くなっていく生き物ですよね ^^

 

わかりやすいように、代表的な保湿成分を3つに分けてみました!

これで、あなたも保湿成分に迷わない!はずです ^^

はさみ込むタイプの保湿成分 ★★★

サンドイッチ
サンドイッチのように水分を挟み込むタイプは保湿力が高い

 

挟み込むタイプの保湿成分は、水分をサンドイッチのようにはさみ込んで離さない!

 

代表的な成分は、

 

  • セラミド
  • スフィンゴ脂質(スフィンゴリビット)
  • 水素添加大豆レシチン
  • ステアリン酸コレステロール

 

水分保持力が高い順に並べてみました。

 

人型セラミドってまるで、接着剤のアロンアルファのよう(笑)バーベルが床にくっついて離れないって凄いですよね~

あの接着力の強さと速さはアロンアルファならでは。

人型セラミドも細胞と細胞をくっつけて離さない最強の保湿成分なんですよ~

水分を抱え込むタイプの保湿成分 ★★

成分を抱え込む
水分を抱え込むタイプの保湿成分とは?

 

水分を抱え込むタイプの保湿成分は、もともと真皮にある成分が使われているんです!

 

例えば、

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • ヘパリン類似物質

 

あなたも聞いたことがある美容成分じゃないですか?

 

残念なのは、 ヒアルロン酸もコラーゲンも真皮まで届かないってこと!

私も勘違いしてたんですけどね・・・

コラーゲン配合だと肌にハリが出るんじゃないか?って思ってたんですよ~

でも、調べたら、なんと保湿成分っていうじゃないですか!

 

なので、コラーゲン配合の化粧品を使ったとしても、 顔のたるみを改善することはできない

保湿力もそれほど高くはないんですよね~

ボディケアやハンドクリームなんかだと納得もできるんですけど、化粧品の成分としてはイマイチかなぁって思うんです。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

コラーゲン配合の化粧品を使えば顔のたるみに効果があるのだと思っていました。。コラーゲンは保湿効果はありますが、たるみには効果がないって知らなかった~

水分をつかむタイプの保湿成分 ★

水分をつかむ
水分をつかむタイプの保湿剤は保湿力が低い

 

水分をつかむタイプは、冬など空気が乾燥していたり、クーラーが効いている部屋では保湿力が下がってしまいます。

 

具体的な成分はというと、

 

  • 天然保湿因子(NMF)
  • PG(プロピレングリコール)
  • グリセリン
  • BG(プチレングリコール)

 

お~!私も手作り化粧水を作ることがあるんですけど、グリセリンを使ってるんですね。

なるほどなぁ~だから肌が乾燥してたんだ!と納得 ( ゚д゚)ハッ!

 

汗をいっぱいかく夏ならいいかもしれないけど、春、秋、冬はダメですね~

グリセリンなんかは、肌に塗るとベタつく感じで保湿効果が高いふりをするんですもん。

 

天然保湿因子なんかは、サラッとした使い心地なので乾燥肌でない方は夏場にはいいかも!

乾燥肌さんのスキンケアについては、詳しくはこちらを見てくださいね!

 

乾燥肌のスキンケア【体験談】カサカサ肌の原因と正しい対処法とは?

早乙女わかこ早乙女わかこ

保湿成分についてざっくりではあるんですが、本を読んで調べたことをまとめてみました!コラーゲンとかヒアルロン酸は真皮にある成分だから、顔に塗ってもあまり意味がないって驚き!グリセリンみたいに、保湿力が高いふりをする成分にも要注意だな(笑)

 

まとめ

保湿成分って保湿力が高いものから低いものなでいろいろあるのがわかりました。

 

50代になると40代の頃よりも、さらに肌が乾燥してくるんですよね~

最強の保湿成分はセラミド!

肌が乾燥していると感じるなら、保湿成分として選びたいのがセラミドなんですよ。

 

年齢肌対策のエイジングケア化粧品って世の中には星の数ほどあるけれど、ヒト型セラミド配合のものを選ぶのがベストということになりました!

 

エイジングケアをする前の私なら、「これなんとなく肌が潤いそう」とパッケージなんかのイメージだけで化粧品を選んでいたんですよ。

でも実際に使ってみると、思ったほどの効果を感じられないってことばっかりでした。

そうそう、肌の奥までというキャッチコピーを見て、真皮にまで届くと勘違いしていたのは本当に無知だったなぁって(笑)

 

50代になって初めてエイジングケアに取り組んでいるんですけど、自分で調べることの大切さを日々実感してました^^

簡単なのに本格エイジングケア!あなたもエイジングケアを始めてみませんか?

 

>>「50代からのエイジングケア|早乙女わかこのリアル実践記」HOMEへ戻る

 

50代でも乾燥知らず!人型セラミド配合オールインワンランキング