コラーゲンは肌に浸透するのか【驚】化粧品が浸透するのは角質層まで!
コラーゲンなどの化粧品成分が肌に浸透するのは角質層までって知ってましたか?

 

早乙女わかこです。ご覧頂きありがとうございます。

 

コラーゲンは肌に効果があるのか?それとも効果がないのか?

今まで、どっちが本当なんだべか?って思ってたんですよ~

いつか白黒をつけたかったんですよね(笑)

 

コラーゲンは肌に浸透するのか

その答えは、タイトルにもある通り、化粧品のコラーゲンは肌に浸透するのは肌の表面の角質層までです。

でも調べてみたら、飲むコラーゲンなら塗るより期待できそう!

昔はコラーゲンを飲んでも効果なし!って説もあったけど、今は違うんですね (・∀・)

NHKのガッテンでも「決定版!コラーゲン100%活用SP」なんてのもやってた。

無添加化粧品の草分け的存在。ファンケルの研究結果もあったので、こちらは後ほどお話ししていきますね。

 

コラーゲンは真皮にあるもの。

だから、 コラーゲンを塗っても、肌にハリが出てふっくらすることは残念ながらないんですよね・・・

肌にハリが出たように感じるのは、保湿されて肌が潤ってるからなんですよ~

だから、時間が経つとハリ感がなくなります・・・

 

私は、50代になってエイジングケアを始めたんですが、美容の知識って殆どありませんでした。

なので、エイジングケアを始めるときに、本を買って勉強をしてみました。→『早乙女わかこが読んだ書籍を見てみる

すると、正しいと思ってたことがことごとく間違ってるし、知らなかったことがいっぱいありすぎてショックを受けすぎました・・・

まさに、50の手習いです(笑)

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

コラーゲンは肌に浸透するのは角質層までです。化粧品の成分としてのコラーゲンの効果、シワやたるみ対策をする方法、飲むコラーゲンについてもお話しをしていきますね。

 

コラーゲンは肌に浸透するのか?いいえ!浸透するは角質層まで

化粧品の成分を確認している女性
コラーゲンは肌に浸透するのか?残念ながら真皮までは浸透しない

 

私は50代になってエイジングケアを始めるまで、コラーゲンは肌の真皮まで浸透するものだと思っていたんです(ほんにおしょすい←恥ずかしいって意味です)

だから、コラーゲン配合とかヒアルロン酸配合の化粧品なら、顔のシミやたるみに効果があるって信じてたんですよね・・・(-_-)

 

でもですね。

肌にはバリア機能があるんですよ~

 

バリア機能には、

 

  • 細菌やウィルス、紫外線から肌を守る
  • 肌の水分が蒸発しないように守る

 

こんな働きがあります。

つまり、 化粧品も肌にとっては異物だからブロックされちゃうってことですね!

このバリア機能を持ってるのが角質層なんです。

 

角質層の厚さって、あの薬を飲むときに使うオブラートくらいの厚さしかないって知ってますか?

再度これ! ↓             ↓              ↓

肌の構造のイラスト

そんな薄~い角質層に化粧水をバシャバシャ使っても意味がないんですよね。

だから、よく重ね付けを・・・ってフレーズを聞くと思うんですけど、お金がかかるだけだってようやく私も分かりました(笑)

 

しかも、コラーゲンやヒアルロン酸って真皮で作られてるもの。

なので、化粧品はバリア機能にブロックされて真皮まで届きませんよ。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

私は50代になって本を読んで勉強して、ようやっと事実を知ることができました(笑)18歳くらいからお化粧を始めましたからね~あれから30年・・・(遠い目)時間がかかりすぎました・・・

コラーゲンの肌への効果は保湿です

両手で頬を触っている女性
コラーゲンは保湿効果がある

 

それじゃあ、コラーゲンの肌への効果は?ってことになりますよね。

化粧品に配合されてるコラーゲンって保湿成分になるんです。

いくら分子が細かいペプチドコラーゲンって書いてあっても、真皮まで浸透することはないんですよ~

 

肌の奥まで・・・って書いてあるのは、角質層までってことですからね!

肌の奥ってどこだ?って考えなかった私も悪いんだなぁって思いますが(笑)

なんかつい、イラストとか写真とか言葉に惑わされてしまう。

もう少し疑いの目で世の中を見ないとなぁ。

 

でも、化粧品に配合されてるコラーゲンは保湿効果はありますよ。

ヒアルロン酸もしかり。

ただ、 50代にもなるとコラーゲンやヒアルロン酸では保湿効果は難しい・・・

 

今ある化粧品の成分の中で一番水分保持力が高い成分は「人型セラミド」。

保湿成分もいろいろあるので、詳しくはこちらを参考にどうぞ!

 

セラミドの種類と違い【保湿成分完全ガイド】最も保湿力が高いのは?

深いシワに効果はない

鏡で肌をチェックしている女性
コラーゲンは深いシワには効果がない

 

シワには浅いシワ(小ジワ)と深いシワがあります。

歳を取ると、年々深いシワが気になってきますよね~

本当、年々着実に増えてきてます。

 

浅いシワと深いシワの原因は、

 

  • 浅いシワ・・・角質層の乾燥
  • 深いシワ・・・真皮の衰え

 

こんな違いがあります。

真皮が衰えてくると、肌が乾燥しやすくなりますからね~

だから、保湿が大切だって言われるんですって。

これは、20代でも30代でも40代であっても、私のように50代であっても同じ。

化粧品でしっかり保湿ケアをすることが大事なんですよ~

 

若い人であれば、コラーゲン配合の化粧品でも乾燥を防ぐことはできます。

乾燥による小ジワは改善できますけどね。

だけど、女性ホルモンが減少してくる30代半ばくらいからは、「人型セラミド」配合の化粧品を使うとしっかり保湿できますよ。

もちろん、深いシワには効果がないんですが、50代の乾燥肌の私でも肌がウルウルしましたからね。

もう「人型セラミド」大好きです(笑)

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

メンタリストDaiGoもスキンケアについて動画を配信してますけど、高級化粧品は必要ないって言ってましたからね。実は私、片方のほうれい線がくっきりなんですよ~なしてだべか?って思ってたんですけど、身体の歪みが原因でした・・・詳しくはこちらを参考にどうぞ!→『ブラの紐が落ちる理由【驚】身体の歪みでほうれい線が片方だけ濃くなる

たるみに効果はない

たるみが気になって両手で顔を触っている女性
コラーゲンやヒアルロン酸はたるみに効果がない

 

化粧品でたるみは改善できないんです。

たるみの原因って真皮の衰えですからね~

化粧品はバリア機能の働きで真皮まで浸透しないから、コラーゲンを顔に塗っても効果がないんですよ~

 

ほうれい線なんかはシワだって思うかもなんですが、実は真皮の衰えが原因

さらに、コラーゲンってよく減少するって言うけど、変形するが正しいんです。

これも本を読んで知ったんですが、コラーゲンって寿命が長いんですって。

例えるなら、伸び切ったゴムみたいな感じらしい(笑)

伸縮性がなくなって伸び切ったまま戻れないんだとか (ノД`)シクシク

 

しかも、糖の摂り過ぎでコラーゲンにAGEが絡みついて老化が加速するんですよ~

AGEとは、

 

体は約60兆個の細胞によって構成されているといいましたが、ソイ帽の主成分はタンパク質です。体内のタンパク質に、食事から摂取した糖がくっつき、体温によって加熱された状態になると、「糖化」という化学反応が起こり、その結果、化合物のAGE生じます。

引用元:「やってはいけない肌のケア」より

 

だから、暴飲暴食は避けながら、生活習慣や食生活を正しいものにするのが一番だってことですね。

耳が痛い言葉だけど、エイジングケアのためには必要なことなんです。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

インターネットで調べてみると、たるみに効く化粧品ってあるんですよね。でも騙されない!というかもう騙されないが正しいかな(笑)でも、ポーラのリンクルショットなんかはシワ改善コスメとして人気がありますよね。私はコーセーの「ipショットアドバンスト」のサンプルを試してみました。やっぱり長く使わないと効果がわからないので、お金と時間がかかるのがデメリットかなぁ。

 

そもそもコラーゲンって何者?

片手を頬に当てて考えている女性
コラーゲンとは?

引用元:wiki

 

コラーゲンってそもそもどんな働きをしてるかって知らなかったんですよね。

ざっくりと、美容に効果がある成分ってことしかわからなかった(笑)

コマーシャルとかでよく耳にするから、そうか~コラーゲンを飲んだり塗ったりすれば美容効果があるのね!としか思わなかったんです。

でも、まずはコラーゲンがどんなものか知っておくと対策もできるかなぁって思いました。

 

簡単ではあるんですが、コラーゲンについてお話しをしていきますね。

 

コラーゲンとは、

 

主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンはコラーゲンを変性させたものであり、食品、化粧品、医薬品など様々に用いられている。

引用元:wiki

 

もっと簡単にいうと、身体のタンパク質の約3割はコラーゲンであり、筋肉や内臓、骨や関節など全身のあらゆる部分にあって、細胞と細胞を繋いだり、組織と組織の間に境界を作ったりなどいろんな役割があるってことですね

そして、コラーゲンは、加齢によって老化もするんですけど、老化する一番の原因がAGE。

糖質制限ダイエットって聞いたことがあるかもなんですけど、ダイエットだけじゃなくて実は老化予防にもなるんですよ~

 

若いときと違って、代謝も落ちてますからね。

ご飯やパンなどの糖質はほどほどに。

タンパク質やビタミンはたっぷりとが美容効果を考えるといいんですって。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

エイジングケアは、トータルで考えることが正しいんですよね。この歳になってようやく腑に落ちました(笑)

 

自宅でシワやたるみ対策するならリンパマッサージがおススメの理由

リンパマッサージでシワやたるみ対策!自宅で簡単にできます

 

コラーゲンが真皮まで浸透しない理由は、バリア機能が働いているからでした。

でも、女ですもの。

にっくき顔のたるみやシワをどうにか改善したい!って思いますよね。

 

一度、深く刻まれてしまったシワは、元に戻すなら美容整形しかないんですけど、薄くすることは可能ですよ。

実際に私もやってみて、リンパマッサージが効果があったんです。

リンパマッサージってむくみケアなんですよね。

自分では気付かないかもしれないんですが、前後の写真を自撮りしておくと変化がわかりました。

写真もあるので、まずは試してみてください!

 

顔のたるみを整形以外で【前後の写真有】リンパマッサージが効果あり!

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

リンパマッサージっていろんな動画があるんですけど、この先生の動画が一番効果がありました。首のシワ対策もあるので試してみてくださいね。テレビでやってた「リンパずらし」は効果がなかった・・・(-_-)舌回しは逆効果で、ほうれい線が深くなってしまいました。

 

美容医療ならほうれい線対策ができるがアレルギーの心配あり

美容外科で診察を受ける女性
コラーゲン注入は美容医療ならアレルギーの心配はあるがほうれい線対策ができる

 

美容医療なら、深いシワやほうれい線対策ができます

俗にいう、コラーゲン注入とかヒアルロン酸注入ですね。

 

ただ、 コラーゲンはタンパク質なので、アレルギーが極稀ではあるけど出ることがあるんですって。

そう考えると、ヒアルロン酸は糖の一種なのでアレルギーの心配はないから安心して施術を受けることができますね。

自宅のセルフケアでどうにもならなくなったら、私も考えてみようかなぁって思ったりもします^^

 

肌にハリを感じるのは保湿力が高い「人型セラミド」配合化粧品

メディプラスゲル
保湿力が高い「人型セラミド」なら肌にハリを感じられる

 

この化粧品を使うと、肌にハリが出ますよ・・・ってデパートのコスメカウンターで説明されたりしませんか?

これって、コラーゲンが配合されてるからというよりも、肌が保湿されたことでハリ感が出るってことなんですよ~

ハリっていうから真皮まで届いてるって思われがちなんですけど、実は、保湿効果によるものなんですって。

 

私は肌の調子を見るために、美ルルスキンチェッカーを使ってるんですけどね。

化粧品を顔に塗る前と塗った後では、肌の弾力が違うんです。

エイジングケア日記(体験談)も書いてるので、興味があれば見てみてくださいね~→『早乙女わかこのエイジングケア日記(体験談)

 

要は、 保湿効果が持続しなければ意味がないんです。

なので、「人型セラミド」配合の化粧品が良いですよ!ってことなんですね。

ちなみに、化粧品はライン使いは必要ないって本を読んで知ったので、オールインワンジェルを使ってました。

オールインワンジェルって昔使ったものと違うので驚いたんですよ。

数種類の「人型セラミド」が配合されてるなら、尚良しです!

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

50代になってエイジングケアを始めてから「人型セラミド」配合の化粧品を初めて使いました。初めて使ったときは感動さえ覚えましたもん。もっと早くに知りたかったなぁって思いました。

 

コラーゲンの経口摂取は効果があるのか調べてみた

両手で頬を触っている女性
経口摂取ならばコラーゲンの効果を期待できる(全員に効果があるわけではないです)

 

コラーゲンを経口摂取するのは効果があるのか?

これも随分いや効果がある!いや効果がない!と論争を巻き起こしました(笑)

でも、どうやら最近はコラーゲンの経口摂取は効果が期待できるが正しいようですね。

 

なので、ちゃんとした根拠があるのかを調べてみました!

森永製菓さんとファンケルさんが数値で実験結果を公表してましたので、こちらを参考にするといいと思いますよ~(詳しくは後ほど)

我が家では、よく特売になる手羽元を酢で煮て、コラーゲンとカルシウムを効果的に摂るようにしてました。

手羽元を酢で煮てコラーゲンとカルシウムを効果的に摂る

鳥の手羽元と卵のあっさり煮
コラーゲンとカルシウムを効果的に摂るなら手羽元を酢で煮る

 

手羽元ってスーパーでよく特売になってないですか?

下処理はぺっこ(少しという意味です)面倒なんですけど、安いしボリュームがあるように見える(笑)

 

ちなみに、どんな食材にコラーゲンが多いのかというと、

 

  • ふかひれ・・・・・9,920㎎
  • ハモ(皮のみ)・・7,660㎎
  • 鰻の蒲焼・・・・・5,530㎎
  • 牛すじ・・・・・・4,980㎎
  • 鳥軟骨(胸)・・・4,000㎎
  • ハモ(皮あり)・・3,560㎎
  • 豚白モツ・・・・・3,080㎎
  • ハモ(肉のみ)・・2,540㎎
  • サケ(皮あり)・・2,410㎎
  • 鳥砂肝・・・・・・2,320㎎
  • 鳥手羽元・・・・・1,990㎎
  • 鳥手羽先・・・・・1,550㎎

(100gあたり)

引用元:20代から50代日本人女性における食事由来コラーゲン推定摂取量の特徴

 

こんな感じになります。

コラーゲン量が多い順に並べてみました。

 

鳥手羽元と鳥手羽先と、どっとがコラーゲン量が多いのかなぁって思ったんですけど、鳥手羽元のほうがコラーゲン量が多いんですよね。

さすが、ふかひれはコラーゲン量がダントツです!

 

そして、気になる調査結果がわかったんですよ。

「20代から50代日本人女性における食事由来コラーゲン推定摂取量の特徴」によるとですね。

実は、20~50代までの女性の平日2日間のコラーゲン摂取量は、平均1.9gだったんです。

1gが1,000㎎だから、1.9gは1,900㎎ってことになりますね。

肌への効果を考えるなら、1日あたり5,000㎎~10,000㎎は摂りたいところ

もう少し、意識して摂ったほうが良いかなぁって思いました。

 

そしてですね。

50代にもなると、カルシウム不足も気になるわけなんですよ~

だから、酢を入れることで、コラーゲンだけじゃなくってカルシウムの摂取量も増えるって聞いたんです。

 

鶏手羽元に酢を入れて煮ると、骨の中のカルシウムが肉や煮汁に溶け出し、酢を入れなかったときと比べてカルシウムは約1.8倍多く摂取できます。また、軟骨の骨離れもよくなりコラーゲンは約1.4倍多く摂取できるようになります。

引用元:ミツカン

 

酢を入れると肉も柔らかくなるし一石二鳥なんです^^

卵も入れると、さらにタンパク質が摂れるのでおススメ!

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

今回は煮物にしたんですけど、スープも美味しいですよ~最近、豆板醤にハマってますが、これなら酢を入れても息子は気付かない(笑)特売だと手羽元が大量に入ってるので消費するのにもいいですよ。そして、甘酒なんかもグルコシルセラミドが含まれているので乾燥肌対策にもなりますよ!炊飯器で温度計なしで簡単に作れるので興味がある人は作ってみてください^^

森永製菓はコラーゲンペプチドを経口摂取すると肌の水分量が増えたと研究結果がある

コラーゲン
森永製菓のコラーゲンペプチドの効果を調べてみた

 

さぁ~いよいよコラーゲンの経口摂取が効果があるか?ってところなんですが、森永製菓の研究結果によると、コラーゲンペプチドを経口摂取することによって肌の水分量が増えたんですって。

 

コラーゲンペプチドのヒトの肌に対する影響について、コラーゲンペプチドを配合した飲料で検討しました。
30~50歳代の健康な女性10人に、コラーゲンペプチド10gを配合した飲料を24日間飲用してもらい、目尻および頬における肌水分(角質水分量)、肌弾性(皮膚粘弾性)、保湿機能(経皮水分蒸散の低下)について測定装置で評価したところ、飲用前に比べてすべての指標が増加しました。

引用元:MORINAGA

 

潤いもアップ!ハリもアップ!ってことですから、これは私もコラーゲンの経口摂取をしてみようかなぁって思いました。

でもですね。

よ~く見ると、コラーゲンペプチドを毎日10gって書いてあるんですよ~

10gってことは、10,000㎎じゃないですか!

 

そうか~

やっぱり ある程度のコラーゲン量が必要だし個人差もあります。

さっきの食品のコラーゲン量を見ると、毎日ふかひれ食べなきゃダメになりますね(笑)

となると、やっぱりサプリとかドリンクとかを利用するのも良いのかなぁって思いました。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

コラーゲンってカロリーも高いんですよね・・・ふかひれなんかじゃ値段も高い(笑)サプリとかドリンクなら続けられそうかなぁって思いました。

ファンケルのトリペプチドは研究結果を論文に発表している

トリペプチド
トリペプチド(ファンケル)は研究結果を論文に発表済

引用元:wiki

 

無添加化粧品の草分け的存在のファンケル。

ファンケルのコラーゲン商品って、トリペプチドが特徴なんですよ~

トリペプチドはペプチドコラーゲンよりも、さらに分子量が細かいんだそう。

 

今回の研究成果により、このコラーゲンを経口摂取することにより、特有のペプチドが体内に吸収されるだけでなく、皮膚にまで到達することが確認されました。これらペプチドの機能性については数多く報告されており、コラーゲンを摂取することで、体内で様々な作用を発揮する可能性が期待できます。

引用元:ファンケル

 

ファンケルは、研究結果を論文として発表してました。

もっと知りたいって人はこちらからご覧くださいね→『ACSパブリケーションズ(ACS Publications)

 

で、ファンケルのコラーゲンサプリ「ディープチャージコラーゲン」を見てみました。

 

  • ファンケル独自成分「HTCコラーゲン」1,000mg配合
  • 一般的な低分子コラーゲンはアミノ酸が100個程度つながった状態だが、ファンケルのHTCコラーゲンは、アミノ酸3個までをあらかじめカットしてるため吸収性が高い

 

ファンケルの独自成分っていうのが「トリペプチド」なんですね。

サプリだから、持ち歩けるのも魅力かなって思いました。

健康食品なので、最低でも3ヶ月は続けないと効果はわからないですが、吸収率が高く、論文も発表しているっていうので興味がありました。

サプリメントは健康食品なので、個人差はあると思いますよ。

 

値段を見てみたら、なんと初回限定で780円(税込み、送料無料)。

今なら、お試し2週間分にさらにもう1袋プレゼントになってましたよ!

 

>>【ファンケル】ディープチャージコラーゲンの公式サイトを今すぐ見てみる!

 

まとめ

コラーゲンは肌に浸透するのか?って思ってる人って多いと思うんですよ~

でも、コラーゲンだろうが、ヒアルロン酸だろうが、化粧品の成分が肌に浸透するのは角質層までです。

だから、 シワや顔のたるみには効果がありませんからね。

飲むコラーゲンであれば、分子が細かいトリペプチドなら効果を期待できそうです。(個人差はあります)

 

今までの話しをまとめてみると、

 

  • 化粧品に配合されたコラーゲン⇒保湿効果がある
  • 肌の奥まで浸透(肌の表面の角質層まで)
  • 50代以上は、コラーゲン&ヒアルロン酸では保湿効果は足りない
  • 最強の保湿成分は「人型セラミド」
  • 飲むコラーゲンは個人差はあるけど効果が期待できる

 

私は、この事実を50代になってエイジングケアを始めるようになってから知りましたから(笑)

どれだけ物を知らないんだって思いました・・・(ノД`)シクシク

 

保湿ケアが大事っていうのは、バリア機能が働いてるために、化粧品は真皮にまで浸透しないからなんですよ~

しかも、コラーゲンやヒアルロン酸は保湿成分ではあるけど、そこまで保湿力が高い成分ではないですからね~

物足りなさを覚えるっていうのは、保湿力が足りないからとも言えるかもです。

なので、生活習慣や食生活が大事なのはもちろんなんですが、リンパマッサージも試してみてください!

 

そして、化粧品を選ぶなら「人型セラミド」配合の化粧品。

数種類の「人型セラミド」が配合されていると尚いいと思いますよ~

さらに、化粧品ってライン使いは必要ありませんからね。

お金もかからないし、時間もかからないオールインワンジェルって便利だと思いました。

5年後10年後も若々しい肌に!あなたもエイジングケアを始めてみませんか?

 

>>さらに、年齢肌対策の記事を読んでみる

 

50代でも乾燥知らず!人型セラミド配合オールインワンランキング