顔がヒリヒリ痛いし化粧水がしみる【体験談】原因と対処法とは?
顔がヒリヒリ痛いし化粧水がしみるときの原因と対処法をお話ししていきます!私の体験談もご覧くださいね!

 

早乙女わかこです。ご覧頂きありがとうございます。

 

突然ですが、いつも使ってる化粧品なのに、急に合わなくなることってありませんか?

私も花粉の飛ぶ春先だったり、急に寒くなる秋口だったり、睡眠不足が続いたりすると肌荒れが気になるんですよ~

 

ぺっこ(少しという意味です)肌荒れしたくらいならいいけど、ヒリヒリして痛いし、化粧水がしみてピリピリしてくると辛い (ノД`)シクシク

私の体験談と共に、顔がヒリヒリして痛いし化粧水がしみる原因対処法についてお話しをしていきたいと思います。

 

肌が赤くかぶれてしまったときなんか敏感肌用の化粧品でもダメでしたからね・・・

ここまできたらもう1人で悩まずに皮膚科を受診したほうがいいですよ!

医療用のローションと軟膏を塗れば1週間ほどで改善されますから^^

その後は、様子を見ながらいつものスキンケアに戻して大丈夫!

 

ただ、保湿って本当に大事なんですよ。

なので、水分保持力が高い成分を配合した化粧品を選ぶようにしてくださいね!

私も去年までは肌の乾燥が酷くてどうするべか?って悩んでいたけど、今年はどうやら肌荒れに悩まずにすみそうです ヽ(=´▽`=)ノ

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

顔がヒリヒリして痛いし化粧水がしみる原因と対処法についてお話しをしていきますね。

 

顔がヒリヒリして痛い【体験談】化粧水がしみるときの対処法

顔がヒリヒリ痛くて化粧水がしみるときは、とりあえず、最低限のスキンケアにするのが基本かなぁって思いました。

スキンケアをしないと不安になるかもですが、肌に刺激を極力与えないってことが大切ですよ~

化粧水などのスキンケアを止める

鏡で肌をチェックしている女性
肌がヒリヒリピリピリしているときは、いつものスキンケアをしない

 

顔がヒリヒリして痛いときは バリア機能が弱まっている状態

だから、まずはいつものスキンケアを止める!

これ大事だと思いますよ~

 

バリア機能って紫外線とかウィルスなどから肌をガードしてくれているんですが、化粧水などの成分が肌に刺激となってヒリヒリ痛くなってしまうんですね。

なので、いつも使っている化粧水であっても付けないようにしてください。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

私は、化粧水を付けないと肌が乾燥してしまうと思って、ずっと我慢して付けていた結果、肌が赤くなってかぶれてしまいました・・・

洗顔料は使わずにぬるま湯で顔を洗う

お湯で洗顔をしている女性
洗顔料は使わないでぬるま湯で洗顔をする

 

顔がヒリヒリ痛いときは、洗顔料は使わずにぬるま湯で顔を洗うといいですよ。

化粧してるのに洗顔料は使わないの?と思うかもですが、 洗顔料は肌に刺激が強すぎるんですって。

 

美肌のために化粧を落とすのが基本だと私もず~っと思ってました。

でも、皮膚科の先生に言わせると、毎晩やってる洗顔とクレンジングが一番肌に悪いと本に書いてあったんですね。 (・_・;)

私は50代になってからエイジングケアを始めたんですが、最初に買ったのが基礎化粧品でもメイク用品でもなく本でした。→『早乙女わかこが読んだ本を見てみる!

 

なので、今は洗顔料を使うのは止めたんですよ~

するとですね!

いつもゴワゴワしていた肌が、手で触るとスベスベ肌に!

いや~驚きました (*^_^*)

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

洗顔しない美容法」って知ってますか?あの宝塚退団後に女優として活躍してる黒木瞳さんもやってるとか!おかげで肌の調子がメチャメチャ良くなりました。

クレンジングは植物性オイルを使う

日本薬局方 オリブ油を手の甲に乗せた
クレンジングは肌に優しい植物性オイルを使う

 

クレンジングも肌に刺激が強すぎるアイテム。

でも、化粧したらスッキリメイクを落としたくなりますよね!

 

皮膚科の先生の中には、化性は落とさず肌に残ったファンデーションは、次の日に再利用っていう人もいらっしゃるんですが、さすがにメイクを落とさないのは気持ちが悪い(笑)

なので、鉱物油が配合されているクレンジングではなく、植物性オイルが配合された植物性オイルなら肌に優しくエイジングケアもできる

これだけでも、かなり肌が違うって感じると思いますよ~

どんなオイルを使えば良いのかを詳しくお話ししてますので、こちらを参考にしてくださいね!

 

オリーブオイルの食用と化粧用の違い【動画有】実際に塗って試してみた

洗顔したら顔は拭かない

顔を洗っている女性
洗顔をした後はタオルを使わない

 

洗顔したらタオルで顔を拭いていませんか?

実は、 タオルなども肌には刺激が強いんだとか。

 

なので、私は洗顔しても顔は拭かずに手でパッと拭うようにしてるんですよ~

これなら刺激も少ないし、濡れたままだから肌が乾燥せずにすむ(笑)

そんなの嫌だ~って人は、拭いても良いんですが、タオルで優しく押さえるくらいにしてくださいね。

顔がヒリヒリ痛いときは化粧水や乳液は使わない

化粧水って水分が多いから余計に痛いんですよね。

そもそも、化粧水に限らず化粧品って肌荒れしてるときに使っちゃいけないんですよ~

 

メディプラスゲル本体箱の裏に書いてあった注意事項
肌荒れしているときは化粧品を使わない

 

ねっ!ちゃ~んと書いてあるんです。

 

ニベア青缶の成分
肌に優しそうなニベア青缶も肌荒れしているときは使ってはいけない

 

肌に優しそうなニベア青缶でさえ、「肌に異常があるときは使用しないでください」って書いてありました。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

私は、顔がヒリヒリ痛いときにも化粧品を使っちゃってましたからね・・・赤くかぶれてしまったのも仕方がなかったと反省してます (´・ω・`)

紫外線対策にパウダーだけは使う

フェイスパウダーをはたいている女性
紫外線対策をしないとさらに肌が乾燥してしまいます

 

バリア機能が低下しているときって、できれば何も付けないほうが良いんですけど、紫外線対策だけはしようと思いました。

でも、 リキッドファンデーションとかだと水分もあるし肌に密着するから肌に負担がかかるんですよね・・・

なので、パウダーファンデーションを薄く付けるか、パウダーを使うようにしてました。

 

バイオミメティクスって知ってますか?

シルクのパウダーとかだと肌に負担がかからないので、カバー力はないけど肌への優しさを考えるなら、動植物の機能を活かした商品を使うといいと思いますよ!

 

【シルクパウダー(パフ付) 30g】

【シルクパウダー(パフ付) 30g】

2,460円(11/21 05:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

この前、コーセーのコスメデコルテの日焼け止めが当たったんですよ~肌荒れしてるときは難しいけど、さすが高級化粧品って感じでした。同じバイオミメティクス関連でシオカラトンボのUV化粧品が商品化されるかもってニュースも見ました。楽しみですよね!これなら敏感肌でも使えるかなぁって思いました。

タンパク質やビタミンを積極的に摂る

鳥の手羽元と卵のあっさり煮
美容のためにはタンパク質はしっかり摂りたい

 

スキンケアも大切なんですけど、食事内容も大切だと思うんです。

 

  • タンパク質・・・皮膚を作り出す元
  • ビタミンA・・・ 皮膚や粘膜を保護してくれる
  • ビタミンC・・・ コラーゲンを作る助けをしてくれる
  • 亜鉛・・・・・・コラーゲンを作ったり新陳代謝アップしてくれる

 

ようは、バランスの良い食事ってことですね。

お菓子は程々にしたいものです(笑)

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

我が家では、いつもゆで卵を常備してるんですよ~それからナッツ類!お腹が空いたときにサッと食べられるし満足感もあるのでオススメです。

睡眠時間は6時間を確保する

ベッドで眠っている女性
睡眠時間は最低でも6時間は確保したい

 

忙しくて睡眠時間を削ってる人って多いと思うんです。

でも、肌って正直者。

身体の不調を教えてくれているんだなぁって思いました。

 

私は介護の仕事をしていたことがありました。

介護の仕事をしていたときは、夜勤もあると24時間勤務になることもあるんです。

夜勤明けは寝られないし、身体が限界になってくると手がプルプル震えてくるんですよ~

自分の身体を壊してしまったら泣くに泣けないですからね。

今は日勤の仕事にしてもらってるので、最低でも6時間は寝る時間を確保するようにしています。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

睡眠の質を上げたいのでお風呂はしっかり湯船に浸かって身体を温めるようにしてました。

赤みやかぶれ、腫れがあるなら皮膚科を受診する

病院で診察を受けてる女性
顔が赤くなったりかぶれたり、腫れがあるようなら病院を受診する

 

顔がヒリヒリ痛くて化粧水や乳液もしみてしまい、赤みやかぶれがあるときは、自己判断をせずに皮膚科を受診しましょう。

医療用のローションと軟膏を塗れば1週間くらいで治まりますよ!

病院に行く時間がないっていう人もいるんですけど、原因は人それぞれ違いますからね。

もし受診するときは、赤みやかぶれの原因になった化粧品も持参するといいです。

顔がヒリヒリ痛くて化粧水がしみてしまう原因は?

片手を頬に当てて考えている女性
顔がヒリヒリして痛くなって化粧水がしみてしまう原因は?

 

顔がヒリヒリして痛いときって本当に辛いんですよね。

職場の同僚とかに相談してもそれが正解なのかわからないし(笑)

やっぱり自己判断はよくないと思うんですよ~

私の場合は、顔がヒリヒリするだけじゃなくって、赤くかぶれてしまいましたからね。

 

なので、最終的には皮膚科を受診したんですが、それまで 自己判断でスキンケアしていたのが大失敗でした (-_-)

でも、なぜ顔がヒリヒリ痛くなってしまったのか?その原因についてお話しをしていきますね。

バリア機能が低下して乾燥肌や敏感肌になっている

肌の構造
乾燥肌や敏感肌はバリア機能が低下している状態

 

私たちの肌は、

 

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

 

この3層構造になっています。

バリア機能があるのは、この中の表皮なんですね。

 

バリア機能は、

 

  • 外の刺激から肌を守る
  • 肌内部の水分蒸発を防ぐ

 

こんな働きがあるんです。

でも、バリア機能が低下していると、外の刺激から肌をガードできなくなるので、化粧水を付けただけでもヒリヒリ痛いってことになるんですって。

肌を保湿するために化粧品なのに、逆効果になってしまい、乾燥肌や敏感肌になってしまうのって悲しいですよね(:_;)

 

バリア機能が低下する原因は、

 

  • 間違ったスキンケア
  • 肌をゴシゴシこする
  • 熱いお湯で顔を洗う
  • PM2.5や黄砂、花粉などの刺激
  • 洗顔やクレンジングが悪い
  • 化粧品の成分が合わない
  • ホルモンバランスが乱れている
  • 睡眠不足
  • 温度の変化
  • バランスの悪い食事

 

などなど。

ちなみに私は、これ全部当てはまりました(笑)

 

自分では良かれと思っている間違ったスキンケアだったり、忙しすぎて睡眠不足になったり、お昼をカップラーメンとかコンビニのおにぎりだけで済ませたりとか・・・

女性は家事とか仕事とかもあるので、無理してる人って多いと思うんです。

大病ではないから命に別状はないんですが、自分を大切にしてあげることも大切なんじゃないかなぁって思いましたよ。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

「妻のトリセツ」って読んだことありますか?夫は妻にいつまでも綺麗でいてほしいって思ってるらしいんですけど、女性はとにかくやることが多い。専業主婦だって子供の世話や夫の世話で忙しいですからね。世の男性のためのビジネス書っていう視点も面白かったですが、男性脳を理解してあげることも夫婦円満の秘訣なんだろうなぁって思いました。

加齢によって皮膚が薄くなる

たるみが気になって両手で顔を触っている女性
加齢によって肌が菲薄化してしまう

 

加齢によって皮膚が薄くなるって知ってましたか?

皮膚の菲薄化(ひはくか)っていうそうなんですけどね。

私はもともと皮膚が薄いって美容部員さんに若い頃から言われていたんですけど、歳を取るとさらに薄くなるんですね・・・(ノД`)シクシク

 

年々、シミやシワも増えてくるじゃないですか。

これって女性ホルモンが減少して、真皮にあるコラーゲンが変形したり、ヒアルロン酸やエラスチンが作られなくなるからなんだそう。

 

ところが、この菲薄化。

若い人でも多くなっているんだそうですよ。

原因は過剰なスキンケア

ピーリングとか洗顔は程々にですね。

化粧品の成分が合わない

化粧品の成分を確認している女性
化粧品の成分が合わなくて顔がヒリヒリ痛いこともある

 

化粧品は安全性を考えて作られているものの、やっぱり 成分が合わないこともあるんですよ~

だから、初めて使う化粧品は必ずパッチテストをすることにしてます。パッチテストのやり方はこちらから→『化粧品のパッチテストの方法 皮膚科の費用はどれくらいかかるの?

顔がヒリヒリ痛いのが治まって、いつものスキンケアをしようと思ったとき、ドラッグストアで買った敏感肌用の化粧品を使ったら肌がピリピリしましたからね・・・

 

無添加とかオーガニックも同じだと思うんです。

なんとなく肌に刺激がなさそうと思うかもですが、実は肌に刺激が少ないのは科学的に作られた成分だったりします (・_・;)

界面活性剤が危険っていう人もいるんですけど、化粧品に配合されてる界面活性剤って刺激は殆どないんですって。

詳しくはこちらを参考にどうぞ!

 

界面活性剤の種類【納得】化粧品には刺激がない非イオン系が使われてる

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

無添加とかボタニカルとかって肌に刺激がなさそうに思うけど、実は違うんだってことを本を読んで知りました。

化粧品の成分の中には刺激が強いものもある

右手を頬に当てて考えている女性
化粧品は安全に使えるものだが肌に刺激がある成分もある

 

化粧品の成分の中には肌に刺激が強いものもあるんです。

私はビタミンC誘導体なんかでも肌荒れしてしまうこともあるんですよね・・・

同じビタミンC誘導体でも油溶性だとまだ安心なんですが、水溶性だと体調によってはヒリヒリピリピリすることもあります

 

美白成分の中でも刺激が強いのは、

 

  • ロドデノール
  • ハイドロキノン
  • L-アスコルビン酸
  • 3-0-エチルアスコルビン酸

 

などなど。

ルチノールアスコルビン酸も刺激を感じてヒリヒリピリピリしたことがありましたよ。

つまり、作用が強いと肌荒れする可能性も高くなるってことですね。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

美白成分って女性にとって気になるんですよね。でも、最大の美白は肌を刺激しないことなんだとか。考えてみれば、美白化粧品ってシミの予防はできるけど改善できませんからね。気になると顔を触ってしまうけど、極力触らずに刺激を与えないのが正解みたいです。

コットンが肌に刺激になることもある

イオン カネボウ化粧品 コスメカウンターでもらったコットン
コットンは肌に刺激が強い

 

化粧水を付けるとき手で付けてますか?それともあなたはコットン派?

若いときは私はコットン派だったんですけどね。

コットンが肌に刺激になるって聞いてからコットンはパックとかに使うくらいかなぁ。

 

そして、コットンを使うと化粧水の無くなりが早い(笑)

経済的なことも考えると化粧水は手で付けたほうがいいと思いました。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

最近、皮膚常在菌を増やすという「ホエーパック」を試してます。保湿効果があると皮膚科医の先生が勧めていたんですよね。効果があったらまたご報告をしたいと思ってました。

 

顔がヒリヒリするときはワセリンを使う

ワセリン
いつもの化粧水がピリピリするときはワセリンで保護する

 

いつもの化粧水がピリピリしてしまうときは、洗顔をした後、ワセリンで保護することもいいと思いました。

ただし、 ワセリンに保湿効果はないので、肌の表面はベタベタしてるけど、内部が乾燥してるっていうのが分かりますよ。

まさに、インナードライ肌。

 

若い人であれば、洗顔後にワセリンだけでいいと思うんですよ~

でも、40代以降だと難しいかもしれませんね。

馬油であれば多少の保湿効果はあるんですけど、酸化しやすいオイルなので朝に塗るのは避けたほうがいいと思いました。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

ワセリンは鉱物油なので肌を保護はするけど保湿効果はないんです。植物性オイルなら多少は保湿効果がありますよ。

 

いつもの化粧水で肌がピリピリしているときは医薬品を使ってみる

医薬品
いつも使っている化粧水でピリピリするときは医薬品を使う

 

化粧品って誰もが安心して使えるものではあるけど、肌に異常があるときにはしみて痛かったりしますよね。

そんなときは、医薬品を使ってみるのもいいと思いました。(もちろん、あまりに顔がヒリヒリ痛かったり、肌に異常があるときは皮膚科を受診が基本です。)

ヒルドイドと同じ「ヘパリン類似物質」が配合されている「第二類医薬品ですね。

テレビコマーシャルもしてるから、あなたも聞いたことくらいはあるんじゃないかなぁって思いますよ。

ヘパリン類似物質配合の市販の医薬品3選

「ヘパリン類似物質」を配合している医薬品なら肌の奥の基底層に働きかけるので、化粧品よりも肌に浸透します。

つまり、角質層を突き抜けてということですね。

レビューや口コミが多いものだけを選んでみたので参考にしてみてください!

小林製薬「Saiki」(さいき)

小林製薬 サイキ
小林製薬 サイキ

引用元:Amazon

 

鷲のマークの小林製薬が販売してる「Saiki」(さいき)

ヘパリン類似物質がヒルドイドと同量配合されていました。

 

販売しているのは、

 

  • 治療ローション
  • 治療乳液
  • 治療クリーム

 

この3つ。

治療クリームは「ガンマオリザノール」も配合されているので、乾燥肌の人にいいと思いました。

 

 

ロート製薬「ヘパソフト」「ヘパソフトプラス」

ロート製薬「ヘパソフト」「ヘパソフトプラス」
ロート製薬の「ヘパソフト」「ヘパソフトプラス」は人気の商品

引用元:Amazon

 

レビューが多かったのが、ロート製薬の「ヘパソフト」と「ヘパソフトプラス

「Saiki」と同じように有効成分が

 

  • ヘパリン類似物質
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • アラントイン

 

この3つ。

「ヘパソフトプラス」は「ヘパソフト」よりもヘパリン類似物質が少ないようです。

肌が乾燥している人は「ヘパソフト」のほうが良いかもですよ!

日本良品通販「ウルンラップ」

ウルンラップ

引用元:Amazon

 

日本良品通販の「ウルンラップ」は「Saiki」と「ヘパソフト」とはぺっこ(少しという意味です)違います。

 

有効成分が

 

  • ヘパリン類似物質
  • グリチルリチン酸ジカリウム

 

この2つ。

配合量は不明なんですが、美容成分も入っているのでこちらも人気商品

良いなぁって思ったのが30日間のメーカー保証がついているところ。

50gも入っているのでコスパもいいと思いました。

 

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

一番人気はロート製薬の「ヘパソフト」と「ヘパソフトプラス」。「ウルンラップ」はレビューも多かったんですが面白い商品だと思ったんですよ~30日間のメーカー保証も付いてるって良いですよね!

ヘパリン類似物質配合の医薬品を使うときの注意点

鏡を見てしかめっ面をしている女性
ヘパリン類似物質配合の医薬品には注意点もある

 

ヘパリン類似物質は医薬品。

なので、当然ですが副作用もあります。

ヒルドイドは美容目的で医療機関を受診する女性が多いということがニュースになりました。

詳しくはこちらを参考にどうぞ!→『医療用ヘパリン類似物質製剤の美容目的処方等に関連する問題について

 

このニュースを見て驚いたんですけど、ヒルドイドって化粧品ではなく医薬品ですからね。

本当にヒルドイドが必要な人もいるのに、安く済むからという理由で美容目的で処方してもらうのは止めてもらいたいです。

現時点では、処方制限はないようですが、もしそうなったらということを考えてほしいなぁって思いました。

 

ヘパリン類似物質は50年以上も乾燥肌を治療する成分として使われてきたんだそう。

安全性に問題はないんですが、血行を促進する働きがあるんですって。

なので、もし唇が切れて出血してたりすると、なかなか 出血が止まらなくなったりするんだそうですよ。

 

ヘパリンには血の固まりを溶かす作用があり、身体の中に出来てしまった血栓を溶かしたり、血栓を予防したりするために投与されます。血液を超サラサラにして血行を良くする即効性のある物質です。ですから出血部位に塗るのはやめましょう。

引用元:心陽

 

なので、ヘパリン類似物質は、化粧品のように常用するのではなく、良くなってきたらお休みするという使い方がいいと思いました。

肌に異常があったら皮膚科を受診する

病院の待合室
肌に異常があるときは皮膚科を受診しましょう

 

ヘパリン類似物質も万能薬ではありません。

ヘパリン類似物質も医薬品ではあるんですけど、当然合わない人もいるんですよ~

もし、肌に異常を感じたときは1人で悩まずに皮膚科を受診するようにしてくださいね!

 

ヒリヒリが落ち着いたらいつものスキンケアに戻す

両手で頬を触っている女性
顔のヒリヒリが落ち着いたらいつものスキンケアをする

 

顔がヒリヒリ痛いのは一時だと思うので、ヒリヒリが落ち着いたらいつものスキンケアに戻しても大丈夫です。

でも、一度パッチテストをすると安心して使えますね。

 

季節の変わり目や寒い季節は、肌が乾燥しやすいので注意が必要ですよ。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

私は、肌の調子が悪くなるときって、あっマズイなってなんとなくですが分かるんです。とにかく保湿を徹底して、肌が乾燥しないように注意をしてますよ。

 

人型セラミド配合化粧品もおススメ!

メディプラスゲルを手で持ってみた
人型セラミド配合化粧品なら肌なじみも良く肌が潤う

 

私は、去年まで、肌が乾燥して顔がヒリヒリ痛いし化粧水がしみて大変でした。

そんな私の肌を変えてくれたのが「人型セラミド」。

ヘパリン類似物質くらいの効果はないけど、副作用もない化粧品成分なら安心して使うことができますよ。

 

セラミドには、いろんな種類があるんですが、なんといっても「人型セラミド」より水分保持力が高い成分はまだ見つかっていないんですって。

しかも、ライン使いをしなくてもOKなので、時短にもなるしコスパも抜群!

 

数種類の「人型セラミド」配合オールインワンジェルを使ってるんですが、冬になっても乾燥を感じないって驚きました。

実際に試して使っているのでレビューもぺっこ(少しという意味です)長いんですが、じっくり選んでみてくださいね!

 

>>早乙女わかこが使ってる「人型セラミド」配合オールインワンジェルのレビューを今すぐ見てみる!

 

まとめ

顔がヒリヒリして痛いし化粧水がしみてしまうときは、まずいつものスキンケアを止めてくださいね!

対処法をまとめてみると、

 

  • 化粧水などのスキンケアを止める
  • 洗顔料は使わずにぬるま湯で顔を洗う
  • クレンジングは植物性オイルを使う
  • 洗顔したら顔は拭かない(タオルを使うときは押し当てるように拭く)
  • 顔がヒリヒリ痛いときは化粧水は使わない
  • 紫外線対策にパウダーだけは使う
  • タンパク質やビタミンを積極的に摂る
  • 睡眠時間は6時間を確保する

 

などなど。

とにかく 肌に刺激を与えないようにすることです。

 

そして、赤くなって肌がかぶれるようなら、1人で悩まずに皮膚科を受診するようにしてくださいね^^

病院に行くほどでもないなら、「ヘパリン類似物質」が配合されている「第二類医薬品」を一時的に使うのもいいと思います。

ただし、連続して使うのではなく使わない期間も必要ですよ。

肌が落ち着いたらいつものスキンケアにしても大丈夫。

 

乾燥肌や敏感肌は、バリア機能が低下している状態。

なので、「人型セラミド」配合の化粧品を使って水分を保持できるようにするといいですね。

お蔭で私も今年は乾燥に悩まずにすみそうです (>ω<)

50代でも乾燥知らずの肌に!あなたもエイジングケアを始めてみませんか?

 

>>さらに、年齢肌対策の記事を読む

 

50代でも乾燥知らず!人型セラミド配合オールインワンランキング