産直で買った米麹
麹に含まれている「グルコシルセラミド」は乾燥肌対策になる!楽天やAmazonで人気の甘酒もご紹介します

 

早乙女わかこです。ご覧頂きありがとうございます。

 

寒くなってくると肌が乾燥してカサカサしてくるんですよね~

あなたも寒くなってくると乾燥肌が気になってきませんか?

夏は汗もかくから肌の乾燥も気にならないんですけど、空気が乾燥してくるとファンデーションのノリも悪くなってくるんですよ。

あ~暑い夏も苦手だけど、寒いのも苦手だなぁ~(笑)私は岩手に住んでいるんですが、真冬はマイナス10℃以下という日も・・・しばれる・・・

 

ところで、乾燥肌対策は化粧品だけじゃなく、食べ物でもできるって知ってますか?

食べ物の中でも、肌の保湿力が上がると言われるのが「グルコシルセラミド」。

グルコシルセラミド」ってにいっぱい含まれているんですって!

麹といえば、パッと頭に思い浮かぶのが、味噌や醤油、お酢などの発酵食品かな?

もちろん、いつも使っている調味料も麹を使っているんですけど、ここ数年、注目を浴びているのが人気甘酒

 

乾燥肌対策に1日1杯の甘酒がおススメだって皮膚科専門医の出来尾 格(デキオ イタル)医師が言ってたんですよ~朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」でやってました。(※出来尾医師の詳細については、下のほうで説明してます)


甘酒って麹で作られているものと、酒粕で作られているものがあるんですが、出来尾医師がおススメしているのが麹で作られた甘酒なんです。なのでアルコールはゼロ。家族で飲むことができますね!

甘酒で内側から乾燥肌対策をしていきましょう。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

それでは、前半は、乾燥肌が気になるときの洗顔の仕方や入浴方法など外側からの乾燥肌対策について、後半では麹に含まれる「グルコシルセラミド」がたっぷりの人気の甘酒をご紹介してきますね。

乾燥注意報が出る季節は注意が必要

両手で頬を触っている女性
乾燥注意報が出てきたら肌の乾燥に気を付けましょう

 

気象庁で出る乾燥注意報ってあるじゃないですか!

乾燥注意報って11月くらいから出ることが多いんだそうです。

特に 1~3月までは特に多いので、乾燥肌対策は必須というわけなんですね。

 

出来尾 格医師がお話しするには、11月から来院する患者さんがドッと増えるらしいですよ。

その理由が乾燥による肌トラブル

やっぱりね~空気が乾燥するだけでなく、室内も暖房で乾燥するから肌トラブルも増えるってわけなんですね・・・

 

肌の乾燥による肌トラブルから、皮膚科を受診する人が10月になってくるとポツポツ出てくるという話しを出来尾医師は話してました。

そして、11月になると患者さんがドッと増えるんですって。気温が下がると空気も乾燥するし、加湿器を使っていても暖房で空気が乾燥しやすいので、乾燥肌対策を行うことが大切だとお話されてましたよ!

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

普段のスキンケアだけじゃ乾燥肌対策ができないってことなのかなぁ?って思いきや、実は間違ったスキンケアをしている人が多いって言うことらしいんですよ。詳しくは後半で!

 

皮膚科専門医が話す間違ったスキンケアとは?

片手を頬に当てて考えている女性
皮膚科専門医が話す間違ったスキンケアとは?

 

私も化粧品でかぶれてしまい、肌が赤くなり、まぶたがお岩さんのように腫れてしまったことがあって皮膚科を受診したことがあるんですよ。

 

肌トラブルで皮膚科を受診する人って多いと思うんですけど、毎年10月くらいから患者さんが増え、11月以降は急激に増えるんだそう・・・

その理由が肌の乾燥による肌トラブルなんですって!

乾燥肌って女性にとっては切実な肌悩みの1つ。

 

若い人でも乾燥肌で悩んでいる人って多いですよね。

かく言う私も、20代の後半くらいから乾燥肌に悩んでいたんですよ~

化粧品をしっとりタイプのものに変えたりしても、全く効果がなかったんです・・・なして~?ってず~っとわからなかったんです(笑)

 

皮膚科専門医の出来尾 格(デキオ イタル)医師がお話しするには、 乾燥肌の原因の多くが、間違ったスキンケアにあるということ。(出来尾 格医師については後ほどご紹介しますね)

間違ったスキンケアとは、ズバリ洗い過ぎ!なんですって。

そうなんですよね~

私も以前は本当に無知で知らなかったんですけど、本を読んで勉強してみると、なるほど!と納得できたんです。

 

詳しくはこちらから見てください!

肌荒れや敏感肌の原因 その肌トラブルは一時的?それとも生まれつき?

皮膚科専門医 出来尾 格(デキオ イタル)ってどんな人?

経歴

1999年に慶應義塾大学 医学部そ卒業し、2006年3月に慶應義塾大学 医学研究科 内科系専攻皮膚科学専修、2013年9月にノッティンガム・トレント大学(英国) 理工学部 バイオインフォマティクス研究修士過程を経て、現在は東京女子医科大学東医療センター皮膚科で講師をする傍ら、書籍やテレビなどにも出演されています。

書籍

・化粧水やめたら美肌菌がふえた! こんなにも素肌美人になれる最新スキンケア

 

 

エイジングケアを始めるようになってから、わからないことはインターネットで調べるんじゃなく、書籍を買って読むようにしてるんです。

なぜって?

インターネットで調べると、何が正しいのかわからず、情報があやふやなんですよね~

今の常識と昔の常識が違うこともあるし・・・

私が20代の頃って、まだインターネットが今ほど普及していない時代だったので、知識を得るって手段がテレビや本、雑誌などしかなかったんです。

それを考えると、とっても便利な時代だなぁって思うんです。でも、 便利だけど情報がありすぎて、どれが正しいものかわからないってことありませんか?

 

だからこそ、本を読むって大事だと思うんですよね~ →『早乙女わかこが読んだエイジングケアの本・書籍を見てみる

 

ただ、中には営利目的の本もあるので、選別することは必要だと感じてます。

その点では、出来尾医師は化粧品業界に物申している感じなので、読んでみるのも面白いと思うんですよ。

次に乾燥肌対策として、出来尾医師のおススメする正しい入浴の仕方をご紹介していきますね。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

昔の常識と今の常識って違うんですよね~私は中学、高校とバレーボール部だったんですが、やれ「水は飲むな!」「筋トレは毎日やれ!」「練習の最後はウサギ跳びをしろ!」などなど・・・今の子どもたちが聞いたら「バカじゃない?」の一言で終わると思うんです(笑)理論じゃなくって、根性論がまかり通る時代だったんですよね~もちろん、体罰もあり!今の時代なら即、教育委員会に通報レベルでした。

 

肌の善玉菌を育てて乾燥肌対策!

左手に顎をのせて考えている女性
肌の善玉菌を育てて乾燥肌対策をしよう

 

肌の善玉菌を育てることが、肌の乾燥を防いで、守ってくれるんだそうですよ。

善玉菌って腸内にだけあるものじゃないんですよ~

ちゃ~んと肌にも皮膚常在菌っていう善玉菌が存在するんです。

 

間違ったスキンケアをすることによって、皮膚常在菌がなくなってしまうんですって!大変だ~

ちなみに、肌の皮膚常在菌には種類があります。

 

それが、

 

  • 黄色ブドウ球菌・・・アトピー性皮膚炎の悪化やニキビの原因になる
  • マラセチア酵母・・・日和見菌
  • アクネ菌・・・・・・日和見菌
  • 表皮ブドウ球菌・・・皮脂や汗を食べてグリセリンなどの潤い成分を分泌

 

この4つなんですね。

黄色ブドウ球菌が増えると肌が乾燥して肌トラブルの元になるんですが、逆に表皮ブドウ球菌を増やせば、美肌を保てるってわけなんですよ。

 

困ったちゃんなのは、多い方の味方をする日和見菌ですね~

黄色ブドウ球菌が多ければ、黄色ブドウ球菌の味方をし、表皮ブドウ球菌が多ければ、表皮ブドウ球菌の味方をする・・・

まるで、会社の組織に逆らえないサラリーマンのよう(笑)私も銀行員時代はそうだったなぁ・・・長い物には巻かれろって人がほとんどだったんですよね~

ついつい愚痴が(笑)あ~おしょす(恥ずかしいって意味です)

 

正しいスキンケアをしながら、黄色ブドウ球菌を減らして、表皮ブドウ球菌を増やしていくことが大切なんですって!

皮膚常在菌は、顔だけじゃなく、もちろん身体の皮膚にもあるんです。

だけど、皮膚常在菌の数は顔と身体では違うんだそう。

顔の皮膚常在菌の数とスネや背中の皮膚常在菌の数は違う

顔の皮膚常在菌の数とスネや背中の皮膚常在菌の数って違うんだそうです。

 

具体的な数値はというと、

 

  • 顔の皮膚常在菌・・・・・・・・・1平方cmに約100万個
  • スネや背中などの皮膚常在菌・・・1平方cmに約1000個

 

ギョッ!数字にすると1000倍違うじゃないですか~

 

だから、 冬になるとスネや背中が痒くなるんだ!と妙に納得してしまいました。

スネや背中は、皮膚常在菌の数が少ないから乾燥して痒みが出るってことなんですね!

私は、スネの痒みが酷くって、ボリボリと掻いてしまい、出血したことがあるんですよ~

 

そういえば、昔、おじいちゃんやおばあちゃんが孫の手で、背中をカリカリ掻いてましたよね(笑)

なんで背中ばっかり痒いんだろう?って子供の頃は思ってたんですけど、年々その気持がわかってくるようになりました~

私も歳をとった証拠なんだべなぁ・・・

 

皮膚科専門医がおススメする正しい入浴法と洗顔方法

バスタブに花が浮かんでいる
皮膚科専門医がおススメする正しい入浴法と洗顔方法とは?

 

皮膚科専門医である出来尾医師がおススメする正しい入浴の仕方洗顔方法、そして注意点なども交えながらお話しをしていきますね。

正しい入浴法とは?

正しい入浴法ですけど、身体を洗う順番や湯船に浸かるタイミングが大切なんだそうです。

 

具体的には、

 

  • ①シャンプー・リンス
  • ②顔身体を洗う
  • ③湯船につかる

 

この順番で行ってくださいということなんですよ。

その理由が、 先に湯船に浸かってしまうと、肌がふやけてしまい善玉菌や角質を傷つけてしまうからなんだそう。

 

でも、寒いときは先に湯船に浸かって温まりたい・・・

その気持よ~っくわかる!だって最初に髪とか身体洗ってたら、寒くて凍えそうになりますもんね!

先に湯船に浸かるときは、2~3分程度ならOKだそう。

美肌のためには、もうちょっと温まりたいたいのを我慢するしかないんですね・・・

 

そして、もう1つ大事なことがあるんです。

それが、髪を洗うときや顔、身体を洗うときに、しっかりと洗い流すようにするということ。

これは私も思うんですよ。

しっかり洗うんだけど、しっかり洗い流さない人が多いって!

汚れを落とすことに必死にはなるんだけど、それで終わりって思っちゃうんですよね~(私もそうだったんです)

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

日本人は清潔感を大事にするじゃないですか。でも、汚れを落とすときは短時間で、洗い流すときはじっくり時間をかけたほうがいいですよ。私は洗顔料を使ったときは1分くらい、シャンプーは3分くらいかけて洗い流してますよ~

洗顔に石けんは必要ない!肌が乾燥しているなら基本いらないって本当?

洗顔するときに石けんは必要ない!石けんは、肌が乾燥しているなら基本いりません!

これってかなり衝撃的ですよね?今まで石けんやボディシャンプーを使うのが当たり前だと思ってたんですから。

 

石けんを使わないと汚いって思いました?

芸能人ではタモリさんや福山雅治さんが、石けんやボディシャンプーを使っていないことで有名なんですよね~

シャンプーも使わず湯シャンしてるんですって。(でも、福山雅治さんってシャンプーのコマーシャルしていたことなかったでしたっけ???)

 

なぜ石けんを使わないのか?

それは、 皮膚常在菌が死んでしまうからなんですって。

いつの頃からかわからないけど、ボディシャンプーは刺激が強いけど、固形石けんは肌に優しいというイメージがあるんですよね・・・

なしてだべ?

 

でも、石けんは決して肌に優しいわけではないんです。

むしろ、汚れを落とすという目的で使われるので、洗浄力が強い界面活性剤です。(化粧品に使われる界面活性剤は肌に刺激はありませんよ)

石けんは、汚れを落としてくれるだけなら良いんですけど、 皮脂や皮膚常在菌まで落としてしまうのが問題なんですよ。

 

私も以前、皮膚科を受診したときに、石けんはあまり使わずに・・・と話しをされたことがあるんです。

本を読んでみると、皮膚科専門医はそろって、石けんやシャンプーは使わないほうが肌トラブルが改善されると書いてありますね。

ただ、いきなり今日から使わないとなると、肌には恒常性があるから皮脂がいっぱい出たり、垢が出たりするのが気になると思うんですよ~

なので、徐々に減らしていくのが得策かな?とは思います。

脇や陰部、足の裏とかは気になると思うので、カルボン酸やアミノ酸のボディシャンプーなんかだと肌に優しいですよ~

 

最近になって、私は洗顔料を使うのをやめました。

すると、肌がゴワゴワせずに肌トラブルが激減したんですよ~

女優の黒木瞳さんも「洗顔しない美容法」をやってるようなんですけど、肌がだいぶ変わりました。

詳しくはこちらを見てくださいね!

 

洗顔しない美容法を50代の私が効果を検証【驚】肌がゴワゴワしない!

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

私も湯シャンをやってみようと思って、いきなりシャンプーを使うのを止めたことがあるんですよ~でも、恒常性があるって知らなかったんですよね・・・いきなりシャンプーをやめると、頭皮がベタベタして髪もベッタリしちゃうんです。(気持ち悪い・・)アミノ酸系などの洗浄力が弱いシャンプーに変えて、徐々に湯シャンに切り替えると良いんだ!と後で気がつきました(笑)

さあ~ここまで正しい入浴法などについてお話しをしてきました。
ここからは、「グルコシルセラミド」がたっぷりの人気の甘酒についてお話しをしていきますね!

 

麹に含まれるグルコシルセラミドで内側から乾燥肌対策!

両手を頬に当てている女性
麹に含まれるグルコシルセラミドで内側から乾燥肌対策をしましょう

 

お待たせしました!

えっ!待ってない?(笑)そんなこと言わずに、ぜひ内側からの乾燥肌対策もしていきましょうよ^^甘酒でね(笑)

 

「グルコシルセラミド」は、数年前から注目されてる成分。

セラミドはもともと肌の細胞間脂質の大半を占めている肌の潤いを守ってくれる成分なんですけど、化粧品でも補うことができるんですよ。

セラミドについて詳しくはこちらを見てくださいね!

セラミドの種類と違い【保湿成分完全ガイド】最も保湿力が高いのは?

 

若いときであれば、セラミドもたっぷりなので、肌が乾燥するってことも少ないんですけど、やっぱりね~歳には勝てないんですよ・・・

加齢によってセラミドも減ってしまうんですね。

 

なので、

 

  • 化粧品でセラミドを補う
  • 食べ物や飲み物でセラミドを補う

 

この2つでエイジングケアをしていくのが理想なんだと思うんですよ~

 

ちなみに、「グルコシルセラミド」は化粧品の成分でいうと「植物性セラミド」になります。

化粧品で外側から補うなら「ヒト型セラミド」。食べ物で補うなら「植物性セラミド」ですね。

 

で、「グルコシルセラミド」は、麹に多く含まれているんです。

それが、味噌や醤油、お酢などの調味料。

だけど、そんなにいっぱい摂れないですよね?

味噌や醤油は塩分も気になりますし・・・(岩手って塩分摂りすぎの県民なんですよ・・・トホホ・・・)

 

そんな私にも救世主が!それが麹で作った甘酒なんですね~

 

マルコメの研究開発 麹の美肌効果
マルコメの研究開発 麹の美肌効果

引用元:マルコメ

 

この表は麹を4週間(約1ヶ月)摂ったときの肌の変化です。

表を見ると、肌の水分量だけじゃなくって、頬のシミの変化も減ってるじゃないですか!

「グルコシルセラミド」は肌の水分を逃しにくくする効果があるんですって!

 

甘酒って今やスーパーでもいろんな種類が売ってますよね。

だけど、よ~っく見ると 砂糖が入っているものもあったりするんですよ!

なので、今回は添加物なし!もちろんアルコールなし!の甘酒をご紹介していきますね。

 

さらに、甘酒は自宅でも簡単に作ることができます。

私はいつも甘酒(甘麹)塩麹を作っているんですが、面倒くさがりの私でも、ほぼほったらかしで簡単に作れるんですよ。

興味があれば、動画も撮ってみたので、真似っこしてみてくださいね!

甘酒の作り方【簡単】温度計なしでも作れる!

(レシピは少し下に書いてますので参考までにどうぞ!)

 

初めて挑戦するものって、本当に面倒くさいんですよね~

なので、動画を撮ってみました!かなりブレてるんですけど、そこはお許しくださいませm(_ _)m

 

甘酒の作り方を調べてみると、なんと温度計が必要らしい・・・

その理由が 60℃以上だと、麹が死んでしまうからなんですって!だから温度計が必要らしいんですよね。

でも、そんなの面倒くさ~い!

 

なので、温度計を使わずに作る甘酒の作り方をご紹介しますね。

 

材料は、

 

  • 麹・・・・200g
  • 水・・・・200cc
  • お湯・・・200cc

 

これだけです。

今回は麹を200g使ってるんですけど、もし300gならば水とお湯も同じ300ccにしてくださいね。分量は全部同じなので分かりやすいと思いますよ。

 

そして作り方ですが、

 

  • ①炊飯器に水とお湯を入れる
  • ②麹を入れて手で軽く混ぜ、タオルをかぶせる
  • ③炊飯器の保温を押し6~8時間そのままにしておく

 

ほぼほったらかしです(笑)

 

出来上がりは手で麹が潰れるようであればOKですよ~

私はつぶつぶ感があったほうが好きなんですが、麹のつぶつぶ感が嫌ならば、ブレンダーなどで撹拌すると滑らかな甘酒ができます。

【※クリックで大きくなります】

 

この写真は左から3時間後、6時間後、そしてできた甘酒をお茶わんに入れたところ、右端は甘酒に豆乳を混ぜたものです。

 

甘酒って、麹を発酵させただけなんですけど、砂糖をいれてないのにとっても甘いんですよ!

このまま食べても良いんですけど、私は豆乳や牛乳に混ぜて飲むのが好きです^^

飽きたらコーヒーやココアを入れても美味しく飲めます

匂いは麹がふんわり香る感じ。塩麹よりも麹臭さがないので、男性でも飲めると思うんですよね~

1日たった1杯で肌が潤う!楽天やAmazonで人気の甘酒5選

甘酒に含まれる「グルコシルセラミド」は、1日たった1杯で乾燥肌対策が出来る

1日200mlくらいであれば飲んでも大丈夫。ただ、お肌に良いからといっても飲み過ぎは良くないですからね(笑)

 

甘酒を自宅で作るなんて面倒くさい~って人は、楽天Amazonでも人気の甘酒を試してみてください。

有名どころばかりですので、全部試してみるのも良いかもです。

私は何年前だろうなぁ~甘酒って知らなかったんですけど、テレビで紹介されてた「八甲山」を最初に飲みました。

好みもあると思いますが、自然の甘さが好きですね~

マルクラ 玄米あま酒 有機米使用 250g

マルクラ玄米あま酒は、白砂糖もアルコールも使われてないですし、玄米なのでビタミンもたっぷり

お値段も500円未満なので1袋がワンコインで買える安さも魅力。

でも、送料を考えると10袋セットで買ったほうがお得ですよ。

 

 

忠孝酒造 黒あまざけ

中孝酒造黒あまざけは、沖縄の泡盛の原料、黒麹を使った甘酒なんです。

味はサラッとしていてクエン酸効果で甘酸っぱいので、疲れているときに飲むと元気になったような気がします(笑)

 

あなたは、甘酒って飲んだことありますか?

甘酒って砂糖が入っていないのに、けっこう甘ったるい味なんですよ~

黒あまざけなら、酸味があるので飲みやすいですね。

 

 

篠崎 国菊甘酒 900ml

篠崎の国菊甘酒は、これぞ甘酒っていうくらいの純粋な甘酒の美味しさを味わえます。

普通の甘酒がいいなっていう人は、国菊甘酒を飲んでみるといいと思いますね~

 

これぞ、ザ・甘酒って感じの味でした~

もちろん、添加物不使用なので、子供にも飲ませられますよ。

 

 

八海山 麹だけでつくったあまさけ

甘酒といえば八海山!というくらい有名なんですよね~

以前テレビで紹介されたときは、品薄状態になったこともあるくらい。凄~いテレビの影響って大きいんですよね。

 

家で甘酒を作ると、どうしてもつぶつぶ感があるんですが、八海山の甘酒はとってもお上品

一度は試してもらいたい甘酒ですね。

 

 

ぶんご銘醸 麹天然仕込 酒蔵のあまざけ

ぶんご酒蔵のあまざけは、この中では1番濃厚な味。

香りも強くて、つぶつぶ感が残る昔ながらの甘酒ですね。

飲むときは、底に麹が沈んでいるので、上下逆さにしてから飲むといいですよ。

こってり系なので満足感があります

 

 

麹以外で「グルコシルセラミド」が含まれる食材

麹以外にも「グルコシルセラミド」が含まれる食材もあります。

ここでは、近年人気の甘酒を紹介したんですけど、肌に必要な量を摂るのが難しいって言われてるんですよ。

なので、手軽に摂るなら甘酒がいいかと!何しろ1日たった1杯でいいって楽ですよね!

ちなみに「グルコシルセラミド」は、

  • 小麦
  • 大豆
  • こんにゃく芋
  • とうもろこし

これらの食材に含まれているんですよ。

小麦や米は、糖質が多いので程々にしたいところですけど、大豆やこんにゃく芋なんかは積極的に食べたいものですね~

早乙女わかこ早乙女わかこ

糖質を食べすぎると、老化が早くなるんですって!いつまでも若々しくいたいなら、タンパク質や野菜、海藻類、きのこ類などを食べるように頑張りたいところです。
私もね~ほかほかご飯大好きなんですけど、最近、玄米食に変えたんです。そしたらですね~便秘が良くなってきたんですよ!しっかり噛まないとダメだから、消化酵素も増えたのかなぁ?ありがたやありがたや・・・

グルコシルセラミド配合サプリなら機能性表示食品を選ぶ

甘酒を作るのが面倒だったり、毎日飲むのは飽きてしまう・・・

そんな人はグルコシルセラミド配合サプリを飲むという方法もありますよ!

グルコシルセラミド配合サプリっていろんなものがあるんですけど、機能性表示食品なら効果も実証されてるから良いかなぁって思いました。

それが、資生堂の「飲む肌ケア」

機能性表示食品とは、

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。
引用元:消費者庁

科学的根拠があるっていうのがいいと思いました!

「飲む肌ケア」はこんにゃくのグルコシルセラミドなんですが、肌の乾燥が気になる方にって書いてありました。

他にもグルコシルセラミド配合のサプリはあるんですけど、機能性表示食品ではなかったんですよ~

なので、資生堂の「飲む肌ケア」なら信頼できそうって思いました!

飲む肌ケア 60粒 【機能性表示食品】

飲む肌ケア 60粒 【機能性表示食品】

1,340円(12/12 06:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

早乙女わかこ早乙女わかこ

サプリなら甘酒を飲むよりも続けやすいかもしれませんね!私も甘酒を飲むのに飽きることがあったら試してみたいと思います。

 

まとめ

寒くなってくると乾燥肌が気になってくる人が多いですよね~

11月になると肌が乾燥する肌トラブルで皮膚科を受診する人が急増します。

 

乾燥肌対策として、肌の善玉菌を増やすためには、正しい入浴法を行うこと、肌がカサカサと乾燥するときは石けんを使わないなどの工夫が必要なんですね。

石けんやシャンプーを使わないっていうのは、ちょっと抵抗があるかもですけどね(笑)

 

言えることは、 洗い過ぎはダメだということ!

そして、 しっかり洗い流すってことですね!

 

でもですね~

悲しいことに、どうしても加齢によってセラミドは減ってしまうんです・・・

 

なので、

 

  • 化粧品でセラミドを補う
  • 食べ物や飲み物でセラミドを補う

 

この2つもやってみてください。

 

甘酒は甘い物好きなら、苦にならないと思うんですよ~

エイジングケアには乾燥肌対策は必須!

スキンケアも保湿力が高い成分が入っているものを選んで、ハリとツヤのある若々しい肌になりましょう。

今日より若い日はもう来ない!あなたもエイジングケアを始めてみませんか?

 

>>生活習慣の記事をもっと見てみる

 

50代でも乾燥知らず!人型セラミド配合オールインワンランキング