鏡で肌をチェックしている女性
ヒトips由来感覚神経細胞株でシミやシワたるみ対策できる時代が来るかもしれません

 

早乙女わかこです。ご覧頂きありがとうございます。

 

突然ですが、あなたは鏡を見ると、「はぁ~」ってついついため息が出てしまうことってないですか?

スキンケアをしても、なかなか改善しないシミシワたるみ・・・などなど。

見るたんびに増えていくような気がするのは、錯覚?なのだと思いたい(笑)

 

そんな女性の悩み対策に、もしかしたら「ヒトips由来感覚神経細胞株」が明るい未来を届けてくれるかも!というニュースを見ました!

そもそも、ips細胞は聞いたことあるけど「ヒトips由来感覚神経細胞株」って何なのか?ってところですよね。

 

「ヒトips由来感覚神経細胞株」とは、

 

ヒトiPS由来感覚神経細胞株:ヒトiPS細胞から分化誘導して得た、痛みやかゆみなどの刺激を脳に伝達するヒト感覚神経細胞

引用元:PRTIMES

 

なんだそうです。小難しいことはわかりませんが(笑)

そもそも、ips細胞って再生医療分野ですよね~京都大学の山中伸弥教授ノーベル生理学・医学賞を受賞したのは記憶にあたらしいところです。

どんな人の体細胞からも作れるっていうのですから、もっと研究が進んでくれるといいですね。

 

と、話しを戻しまして。

この「ヒトips由来感覚神経細胞株」は株式会社ファンケルが、株式会社リプロセルとの共同研究で進めてきたものらしいです。

その結果、「ヒトips由来感覚神経細胞株」を作ることに成功したということなんですね。

さらにですよ。株式会社ファンケルでは、順天堂大学大学院医学研究科と共同研究講座「抗加齢皮膚医学研究講座」を2018年6月に開設してます。

 

簡単にいうと、「ヒトips由来感覚神経細胞株」を研究に応用して、シミ、シワ、たるみなどの肌老化対策方法と、製品の開発を目指していくってことなんですって!

ということは、今まで化粧品だけでは、どうにもならなかったシミ、シワ、たるみなどは美容外科の分野だったじゃないですか。近い未来か遠い未来かは、わからないけど、もしかしたら、自宅で簡単に改善できるって日が来るかもしれないってことですよね!

 

ips細胞は再生医療だけど、もしかしたら、再生美容が美容外科に行かなくても可能かもしれないって凄いなぁって思いました。

でも、高いかもなぁ~

まぁ、それが私が生きている間に完成するかはわかりませんが・・・(笑)

無添加化粧品の第一人者であるファンケルですが、今後、どんな商品を開発していくのか注目したいところですね。

 

ここまで書いていて水を指すようですけど、そもそも肌にはバリア機能っていう大切な役割がありますからね~

シミやシワ、たるみを改善するっていうことは、バリア機能を壊して真皮まで化粧品の成分を浸透させるってことになりますし。

やっぱり安全性が気になっちゃうんですよ。

安全性がわかってるなら、喉から手が出るほど欲しいかも!(お値段も気になるところですが)

とりあえず、今はせっせと保湿ケアに励むことにしますかね~^^

 

>>美容ニュースの一覧に戻る

 

50代でも乾燥知らず!人型セラミド配合オールインワンランキング