食用オリーブオイルと薬用オリーブオイル
食用オリーブオイルと化粧用(薬用)オリーブオイルの違いを実際に塗って試してみた

 

早乙女わかこです。ご覧頂きありがとうございます。

 

突然ですが、あなたは食用のオリーブオイルでクレンジングをしたことがありますか?

実は私。40代前半くらいだったと思うんですけどね。

食べられるものなら肌に塗っても効果がある!と根拠のない持論を振りかざし、エキストラバージンオリーブオイルでクレンジングをしていた時期があるんですよ・・・

オイルだから化粧は落ちるんですけど、ネトネトベタベタして大変だった(笑)

それでも、信じて使ってたんですけどね ←バカだ~

 

私は、50代になって慌ててエイジングケアを始めたんですけど、インターネットで調べていると間違った情報って多いんですよね・・・

食用のオリーブオイルでクレンジングをするっていうのも、インターネットで調べて見つけたんですよ~

なので、本を読んで正しいスキンケアについて勉強をしたんです。早乙女わかこが読んだ書籍はこちらから→『エイジングケアの本・書籍の一覧

そしたら、正しいスキンケアだと思っていたことが、ことごとく間違いだったということにようやっと気付きました・・・

多分ですけど、私と同じように間違った美容法をしている人がいるんじゃないかと思うんですよ~

 

なので、食用オリーブオイル化粧用(薬用)のオリーブオイルの違いについて、実際に肌に塗ったり髪に塗ったりして試してみました!

食用のオリーブオイルと化粧用のオリーブオイルの違いは、精製されているかどうか!です。

 

だから、

 

  • 浸透力
  • 分子の大きさ

 

ざっくりとですがこんな違いがありますよ。(日本オリーブに電話をして聞いてみました)

簡単な動画も撮ってみましたので、参考にしてもらえると嬉しいなぁって思います^^

あっ!先にお話しておきますが、 スキンケアやヘアケア、ボディケアに食用オリーブオイルは使わないでくださいね!(詳しくは後ほど!)

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

オリーブオイルの食用と薬用の違いについて、いろんな実験をしたり、日本オリーブ株式会社に聞いてみました。さらにデメリットやエイジングケアにおススメのオイルもご紹介していきますね。

 

オリーブオイルの食用と化粧用の違い【動画有】浸透力を実験してみた

 

動画を見てもらえたかなぁ?

今回実験に使ったのは、

 

  • エキストラバージンオリーブオイル(食用)
  • 日本薬局方オリブ油(今回は薬用のものを使ってみました)
  • あぶらとり紙

 

この3つ。

黄色っぽいのが食用のエキストラバージンオリーブオイルで、透明なのが日本薬局方のオリブ油です。

 

実際に肌に塗ってみると、

 

  • 食用オリーブオイル・・・・ベタつきが多い
  • 化粧用オリーブオイル・・・サラッとしてる

 

こんな違いがあるのがわかりますよ~

あぶらとり紙を見ると一目瞭然ですよね!

 

写真もあるので見てみてください。↓ ↓ ↓

 

食用オリーブオイルと薬用オリーブオイルを塗ってあぶらとり紙を使った
食用オリーブオイルと薬用オリーブオイルを塗ってあぶらとり紙を使って浸透力を調べてみました

 

左が食用オリーブオイルで右が薬用オリーブオイルになります。

これって肌への浸透力が全く違うってことですよね。

 

なんとなく、 オリーブオイルって食用だろうが薬用だろうが、肌なじみが良いってイメージなんですけど、実際に塗ってみると使用感はかなり違います

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

オリーブオイルがもの凄く流行ったことがあるじゃないですか。確かそのときに食べていいなら肌にも良いんじゃないって思っちゃったんですよね・・・本当バカだなぁって今は思います(笑)

食パンで実験してみた!

【※クリックで大きくなります】

 

食用オリーブオイルと薬用オリーブオイルを食パンに乗せて実験してみました。

ぺっこ(少しという意味です)分かりづらかったかなぁ?

 

よ~く見ると、食用オリーブオイルは全く浸透してないのに、薬用オリーブオイルは浸透しているのがわかりますか?

5時間後には、薬用オリーブオイルは食パンに浸透しているんですけど、食用オリーブオイルは、まだ食パンの上に乗っかったまんま

 

食パンでも、

 

  • 食用オリーブオイル・・・浸透しない
  • 薬用オリーブオイル・・・浸透する

 

こんな結果になりました。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

食用オリーブオイルが全く浸透しないのでびっくりでした(´゚д゚`)一晩そのままにしていたんですけど、まだ浸透せずに乗っかったまんまでした。

髪に塗るとどうなる?

【※クリックで大きくなります】

 

薬用オリーブオイルを髪に塗ってみました。

食用オリーブオイルは肌に塗るとベタつきが酷かったので、薬用オリーブオイルを使ってみましたよ~

 

50代になると髪のパサつきって気になるんですよね・・・

実際に髪に塗ってみると、あらっ!意外と良い感じ(笑)

髪の乾燥が気になる人は、化粧用か薬用オリーブオイルを塗るといいですよ~

 

ただし、使う量は少しだけにしてくださいね!

オイルなので、多量に塗るとベタベタしてしまいますよ。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

インターネットで調べていたら、オリーブオイルを頭皮に付けたら髪が伸びるっていう記事を見つけました。オリーブオイルには、そんな効果はありませんよ~ガセネタには要注意です。

 

食用オイルと薬用オイルの違いを日本オリーブ(株)に電話で聞いたよ

オリーブマノン 日本オリーブ株式会社
オリーブマノン 日本オリーブ株式会社

 

食用オリーブオイルと化粧用オリーブオイルの違いって何なのか?

自分では分からないこともあったので、日本オリーブ株式会社に電話をして聞いてみました。

 

日本オリーブ株式会社って、化粧用オリーブオイルの人気店。

オリーブマノンっていう化粧用オリーブオイルを販売している会社です。

早速、電話して聞いてみました!

食用オイルと薬用オイルの違いは精製されているかどうか!

早乙女わかこ早乙女わかこ

食用のオリーブオイルと化粧用のオリーブオイルの違いを教えてくださいますか?

オペレーターオペレーター

はい!食用と化粧用のオイルの違いは精製されているかどうかです。弊社では化粧用のオリーブオイルを販売しておりますが、こちらも100%オリーブオイルでございます。

 

なるほどですね~

この精製ってところがポイントなんですよ。

食用のオリーブオイルって、味や匂い、苦味なんかも美味しさに繋がるじゃないですか。

つまり、不純物が多いってことですね。

 

逆に、薬用のオリーブオイルって、旨味も一切なく、ただただ無味無臭のオイルなんですよ。

なので、不純物が取り除かれてます

 

つまりですね。

 

  • 食用オリーブオイル・・・分子が大きいから浸透しない
  • 薬用オリーブオイル・・・分子が小さいから浸透しやすい

 

こんな違いもあるんですって。

分子が小さくなるから、薬用オリーブオイルって肌なじみが良くって浸透するんですね~

納得しました!

 

オリーブオイルって匂いや味が独特ですもんね~薬用オリーブオイルって無味無臭なんですけど、油っぽい匂いはありますよ。

オイルは薬用と化粧品と薬用と3つのグレードがある

早乙女わかこ早乙女わかこ

御社で扱っているオイルは薬用オリーブオイルもあるんですか?

オペレーターオペレーター

申し訳ございません。弊社では薬用は取り扱っておりません。オイルには食用、化粧用、薬用と大きく3つのグレードがございます。それぞれの違いにつきましては、食用は味を重視、化粧用は安全性を、薬用は一番純度が高いものです。弊社で取り扱っているオリーブオイルは化粧用でございます。

 

へぇ~知らなかった~

この分け方ワセリンに似てる~って思いました。

 

ワセリンって純度が低いものから

 

ヴァセリン

白色ワセリン

プロペト

サンホワイト

 

こんな風になってますからね~

たまに 化粧用オリーブオイルで肌荒れしてしまうって人がいるんですけど、これって安全性はあるものの、まだ不純物が残っているからなのかも!

そういう意味では化粧用オリーブオイルよりも薬用オリーブオイルを使ったほうが肌に刺激は少ないかもなぁって思いました ( ゚д゚)ハッ!

私は食用オリーブオイルを使っても肌荒れしなかったので、化粧用オリーブオイルでも肌荒れしなさそう(笑)

薬用オリーブオイルも化粧用オリーブオイルも食べられる

オペレーターオペレーター

それと薬用オリーブオイルも100%オリーブオイルなので食べることができるんです。ただし、不純物が取り除かれますので味は美味しくないですが・・・

 

そうなんですか~ (゚∀゚)

知りませんでした!

化粧用とか薬用って書いてあるから食べるって概念がなかったけど、考えてみれば食用のオリーブオイルを精製してるんですもんね。

食べられるってことを聞いて、実験で使った食パンも食べてみました。

でも、やっぱり 美味しくなかったです(-_-)

雑味って食べるときは大切なものなんですね・・・

日本オリーブの化粧用オリーブオイルとは?

インターネットでオリーブオイルを扱っている会社ってあるかな~って探していたときに見つけたのが日本オリーブ株式会社。

電話をするためだったんですけどね(笑)

でも、とても丁寧な対応でわかりやすかったんですよ~

いろんなことも教えてくれましたし ^^

 

で、日本オリーブの化粧用オリーブオイルの特徴を見てみました。

 

  • サラッとしてべたつかない
  • 100%オリーブオイル
  • 肌質関係なく使える(赤ちゃんも使える)
  • クレンジングだけじゃなく全身に使える
  • 30日の返金保証付き
  • Amazonペイが使える

 

お~なかなか良い感じかも。

化粧用オリーブオイルなので、もしかしたら肌荒れしてしまうことも考えられるので、返金保証付きっていうのは有り難いですね。

Amazonペイも使えるので、Amazonのアカウントを持っているなら、簡単にお買い物ができるのもポイント高いです。

興味がある人は試してみてくださいね!

あっ!返金保証付きなのは公式サイトのみになるので注意してください。

 

>>日本オリーブのオリーブマノンの公式サイトはこちらから

 

【体験談】食用はダメだけど化粧用と薬用ならクレンジングできる

日本薬局方 オリブ油を手の甲に乗せた
食用はダメだけど化粧用と薬用ならクレンジングできる【体験談】

 

実際に、食用オリーブオイルと薬用オリーブオイルでクレンジングをしてみました

そのときの感想をお話していきたいと思います。

食用オリーブオイルでクレンジングするとベタベタに

実際に食用オリーブオイルでクレンジングをしたことがあるんですよ~

食用オリーブオイル(エキストラバージンオリーブオイル)でクレンジングができるってブログかなんかで読んだと思うんですよね。

スーパーで売ってる食用オイルなら安上がりだし、食べれるんだから顔に塗ったって良いよね!って勘違いをしてました・・・

 

食用オリーブオイルでクレンジングをしてみると、ちゃ~んとメイクは落ちるんですよ。

でも、その後が悲惨!

洗顔料を使って洗ってもヌルヌルベタベタしてしまって、1回洗顔したくらいじゃ落ちないんですよ~

なので、3回は洗顔料を付けて洗顔しなければなりませんでした。

こんなことしてたら逆に肌に悪いですよね・・・

もう二度と食用オリーブオイルでクレンジングをしようとは思いませんね~(笑)

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

私の懲りない話しをもう一つ聞いてもらってもいいですか?実は、オリーブオイルだからベタベタするんだと思って、グレープシードオイル(もちろん食用)でもクレンジングをしたことがあるんです。でもね~やっぱりヌルヌルベタベタしてしまいました。←本当バカでしょ?

薬用オリーブオイルならクレンジングもOK

薬用オリーブオイルなら、サラッとした使い心地なのでクレンジングもOKでした!

エイジングケアの勉強をしようと思ったとき、皮膚科の先生が書いた本を読んだことがあるんです。→『やってはいけない肌のケアの感想

その本の中に、「日本薬局方のオリブ油がおススメです」って書いてあったんですよね~

 

 

そうか~じゃあ使ってみようかなって思って、初めて薬用オリーブオイルを使ってみました。

すると、食用オリーブオイルとは違って、ヌルヌルベタベタしなくってサラッとしてるんですよ~

これは良いものを見つけた!って思って、肌荒れが酷いときは日本薬局方のオリブ油を使っていたんです。

 

その後は、お風呂に入ったときにお湯で洗顔はしますが、洗顔料を使わないでいます。

すると、肌のゴワゴワ感がなくなりました

女優の黒木瞳さんもやってるという噂の「洗顔しない美容法」。

あなたも試してみてくださいね~

 

洗顔しない美容法を50代の私が効果を検証【驚】肌がゴワゴワしない!

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

洗顔しない美容法を実行して洗顔料を使わなくなったら、肌荒れしなくなったんですよ~まさか、洗顔料が肌にこんなに悪いものだとは!今までスキンケアってあれもこれもしなきゃって思ってたんですけど、引き算するってことも大切なんだなぁって思わされました。

オリーブオイルでクレンジングをするときの注意点

化粧用オリーブオイルや薬用オリーブオイルを使ってクレンジングをすることはできるんですが、注意点もあるんですよ~

それが、 エクステが取れてしまうってことです。

 

これは、オリーブオイルだけじゃなくって、オイルクレンジング全般に言えることなんですが、エクステしている人には向きません。

オイルって接着剤を剥がしてしまうんだそう。

私はエクステしてないけど、もしエクステしてる人は気を付けてくださいね~

 

オリーブオイル以外のエイジングケアにおススメのオイル

メルヴィータのアルガンオイル
オリーブオイル以外のエイジングケアにおススメのオイルは?

 

オリーブオイル以外のオイルっていうと、私は馬油が好きなので馬油をおススメしたいところなんですけどね~

馬油って人気のオイルじゃないですか。

だから、私もず~っと使っているんですけど、いかんせん、酸化しやすいオイルってことがわかったんですよ (ノД`)シクシク

でも、馬油スキンケアだけじゃなくって、いろいろ使える万能オイルなので、私はスキンケア以外で使っていきますけどね(笑)

 

で、本題なんですが、オリーブオイルもエイジングケアに悪くないオイルなんですけど、本を読んでいたら、さらに良いオイルを見つけました (・∀・)

 

それが、

 

  • マカデミアナッツオイル
  • アボカドオイル
  • 米ぬか油
  • アルガンオイル
  • Coyori(こより)美容オイル

 

などなど。

 

化粧用のオイルを選ぶなら、酸化しにくいオイルを選ぶのがポイントなんだそう。

その理由は、 酸化しやすいオイルを塗ると肌が老化してしまうからなんですって。

それは絶対嫌だ~

 

で、酸化しやすいオイルと酸化しにくいオイルの違いって、小難しく表現すると一価不飽和脂肪酸が多くて多価不飽和脂肪酸が少ないもの

これだけじゃわからないですよね~

 

もっと簡単にいうと、

 

  • リノール酸やリノレン酸が少ない
  • オレイン酸やパルミトレイン酸が多い
  • ビタミンEなどの抗酸化力が高い成分が入っている

 

これを目安にするといいんですって。

これは、オイルの脂肪酸組成を見るとわかりますよ~

 

ちなみにオリーブオイルは、

 

  • オレイン酸(不飽和脂肪酸類)・・・・・74%
  • パルミチン酸(飽和脂肪酸類)・・・・・10%
  • リノール酸(不飽和脂肪酸類)・・・・・7%
  • アラキドン酸(不飽和脂肪酸類)・・・・2%
  • リノレン酸(不飽和脂肪酸類)・・・・・0.5%
  • パルミトレイン酸(不飽和脂肪酸類)・・0.5%

引用元:化粧品成分オンライン

 

オリーブオイルは、オレイン酸が多いのがわかりますね。

でも、パルミトレイン酸が少ないのが残念なんですよ~

 

それでは、先ほど紹介したマカデミアナッツオイル、アボカドオイル、米ぬか油、アルガンオイルの脂肪酸組成についても見ていきます。

マカデミアナッツオイルの脂肪酸組成

  • オレイン酸(不飽和脂肪酸類)・・・・・46.2%
  • パルミトレイン酸(不飽和脂肪酸類)・・29.3%
  • パルミチン酸(飽和脂肪酸類)・・・・・9%
  • アスクレビン酸(不飽和脂肪酸類)・・・4.6%
  • ステアリン酸(飽和脂肪酸類)・・・・・3.8%
  • リノール酸(不飽和脂肪酸類)・・・・・2.4%
  • アラキジン酸(飽和脂肪酸類)・・・・・2%
  • ゴンド酸(不飽和脂肪酸類)・・・・・・1.7%

引用元:化粧品成分オンライン

 

マカデミアナッツオイルは、オレイン酸もパルミトレイン酸も多いんですよ~

化粧用なので、もちろんサラッとしてて使いやすいオイルです。

 

 

アボカドオイルの脂肪酸組成

  • オレイン酸(不飽和脂肪酸類)・・・・・45~75%
  • パルミチン酸(飽和脂肪酸類)・・・・・15~22%
  • リノール酸(不飽和脂肪酸類)・・・・・10~15%
  • パルミトレイン酸(不飽和脂肪酸類)・・5~12%
  • α-リノレン酸(不飽和脂肪酸類)・・・・1~2%
  • ステアリン酸(飽和脂肪酸類)・・・・・微量
  • アラキジン酸(飽和脂肪酸類)・・・・・微量

引用元:化粧品成分オンライン

 

アボカドオイルもオレイン酸とパルミトレイン酸が多いですよね。

アボカドって森のバターって呼ばれるくらい栄養価が高い果物。

私も大好きなんですよ~

そして、ビタミン類が豊富なので酸化しにくいオイルってことになりますね。

 

 

米ぬか油の脂肪酸組成

  • オレイン酸(不飽和脂肪酸類)・・・・・41.4%
  • リノール酸(不飽和脂肪酸類)・・・・・37.5%
  • パルミチン酸(飽和脂肪酸類)・・・・・16.2%
  • ステアリン酸(飽和脂肪酸類)・・・・・1.8%
  • リノレン酸(不飽和脂肪酸類)・・・・・1.6%
  • ミリスチン酸(飽和脂肪酸類)・・・・・0.3%
  • パルミトレイン酸(不飽和脂肪酸類)・・0.1%

引用元:化粧品成分オンライン

 

米ぬか油はリノール酸は多いんですが、ビタミン類が多いので酸化しにくいオイルです。

そういえば、昔、米ぬか美容法ってありましたよね~

さらに、小学生のときに米ぬかで小学校の廊下を磨いた記憶がある(笑)

 

米ぬか美容法・・・もう一度試してみようかなぁ。

試してみたら、またご報告しようと思います。

 

 

アルガンオイルの脂肪酸組成

  • オレイン酸(不飽和脂肪酸類):43%
  • リノール酸(不飽和脂肪酸類):37%
  • パルミチン酸(飽和脂肪酸類):12~13%
  • ステアリン酸(飽和脂肪酸類):6%

引用元:化粧品成分オンライン

 

アルガンオイルは、オレイン酸が多く、しかもオリーブオイルの6倍のビタミンEが含まれているとか。

数年前から、エイジングケアができるオイルとして人気なのはこういうことなんですね~

これは、期待したいかも(笑)

 

しかも、エコサート認証を受けたアルガンオイルはこれだけかなぁと思いました。

一度試して見る価値ありです。

 

>>オーガニック認証コスメ【アルガンオイル】メルヴィータの公式サイトはこちらから

 

Coyori(こより)美容液オイル

そして、もう1つ気になるオイルを見つけました!

最近、よく見かけるCoyori(こより)美容液オイルなんですが、とても気になっているんですよね~

 

成分を見てみると、

 

水、オリーブ果実油、グリセリン、プロパンジオール、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、ペンチレングリコール、ツバキ種子油コメヌカ油ユズ種子油、サガラメエキス、イチジク樹皮エキス、モウソウチクたけのこ皮エキス、加水分解コメエキス、センキョウエキス、アロエベラ葉水、ガノデルマアンボイネンセエキス、マイタケ子実体エキス、オタネニンジン根エキス、ショウガ根エキス、トウキ根エキス、ヨクイニンエキス、カゴメエキス、アマモエキス、酒粕エキス、加水分解ダイズエキス、ツバキ種子エキス、ユズ種子エキス、ユズ果実エキス、ナス果実エキス、セイヨウアブラナ種子油、ラベンダー油、BG、カプリリルグリコール、1,2-ヘキサンジオール、塩化Na、クエン酸Na、クエン酸、エタノール

 

  • オリーブ果実油
  • ツバキ種子油
  • コメヌカ油
  • ユズ種子油

 

これらのオイルが配合されているんですよ~

ツバキ種子油もユズ種子油もオレイン酸が多いのが特徴

 

ちなみにツバキ種子油の脂肪酸組成は、

 

  • オレイン酸(不飽和脂肪酸類)・・・85%
  • パルミチン酸(飽和脂肪酸類)・・・7.9%
  • リノール酸(不飽和脂肪酸類)・・・3.8%
  • ステアリン酸(飽和脂肪酸類)・・・2.5%

引用元:化粧品成分オンライン

 

ユズ種子油の脂肪酸組成は、

 

  • オレイン酸 38%
  • リノール酸 35%
  • パルミチン酸 20%
  • その他 7%

引用元:サミット精油

 

しかもCoyori(こより)美容オイルは、界面活性剤が配合されていないので、よく振って使うんだとか。

クエン酸も配合されているので、純粋なオイルを使うより酸化ってことに気を回さなくてもいいのが楽かなぁって思ったんですよね。

 

公式サイトからだと、980円でお試しができるので、Coyori(こより)美容液オイルを使うのもアリですよ。

しかも、「美容液10ml」、「美容液5ml」、「クレンジング、洗顔、化粧水」(6回分)もサンプルが入っててお得感満載!

女性が(私も)好きそうな初回限定企画でした!

 

>>Coyori(こより)美容液オイルお試しセットの公式サイトはこちらから

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

いろんなオイルを紹介してきたんですけど、保湿ケアをしっかりした上で使うようにしてくださいね!乾燥肌が気になるなら「人型セラミド」配合の化粧品を使うのがポイントですよ~

 

まとめ

オリーブオイルの食用と薬用の違いは、精製されているかどうかです。

 

  • 食用オリーブオイル・・・・分子が大きいから浸透しない
  • 化粧用オリーブオイル・・・分子が小さいから浸透しやすい

 

ざっくりとですが、こんな違いがありました。(薬用も化粧用と同じです)

実際に、肌に塗ってみると違いがよ~っくわかりますよ。

 

そしてオイルには、

 

  • 食用・・・味を重視
  • 化粧用・・安全性を重視
  • 薬用・・・一番純度が高い

 

こんな違いがあることもわかりましたよ。

日本オリーブさん、質問に答えて頂きましてありがとうございました!

 

でも、化粧用のオリーブオイルも悪くないんですけどね。

エイジングケアをするなら、

 

  • マカデミアナッツオイル
  • アボカドオイル
  • 米ぬか油
  • アルガンオイル
  • Coyori(こより)美容液オイル

 

酸化しにくいこれらのオイルを選ぶと良いかなぁって思いました。

50代にもなると油分も減ってきますからね!

オイルを利用して油分を補うっていうのも必要だと思いますよ~

 

でも、なにより保湿ケアをしっかりした上でのお話。

しっかりと保湿ケアをしつつ、オイルで油分を少量補うっていうのが賢い使い方ですよ!

潤い満ちる、なめらかな肌へ!あなたもエイジングケアを始めてみませんか?

 

>>化粧品Q&Aの記事をもっと見てみる

 

50代でも乾燥知らず!人型セラミド配合オールインワンランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

>>50代の私の肌が潤った「人型セラミド」配合オールインワンジェルランキングはこちらから