しぼみ肌に必要な化粧品は?
しぼみ肌に必要な化粧品って?肌がしぼむ原因と対策について解説していきます

 

早乙女わかこです。ご覧頂きありがとうございます。

 

歳を重ねるほどに、肌がしぼんでハリがなくなってくるのを実感してるんですよね~

若々しい肌って、まるで膨らませたばかりの風船みたいだと思いません?

あの、パンっ!としたハリと弾力、そしてオイルを塗らなくても自然なツヤのある肌!はぁ~羨ましい~

でも、日にちが経つにつれて、あれだけ ツヤツヤでハリと弾力があった風船の空気が徐々に抜けて、しぼんでシワシワに・・・キャーっ!

これこそ、まさに「しぼみ肌」。

私も悩みどころなんですよね~

 

ところで、このしぼみ肌に必要な化粧品って知ってます?

そんなの高~い化粧品を使わなきゃダメなんじゃないの?って思いました?

肌がしぼむ原因 肌の乾燥と真皮のコラーゲンやエラスチンが変化したことにあるんですって!

なので、対策としては細胞間脂質である「ヒト型セラミド配合」の化粧品を選び、正しく使うこと。

さらに、表情筋トレーニングをしたり、食生活にも気をつけたいところです。

詳しくは後ほど!

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

しぼんだ肌は、まさに老化が進んだ肌!化粧品の選び方も大切ですけど、内側からのケアも大切になるんです。しぼみ肌の原因と対策についてお話しをしていきますね。

しぼみ肌とは?

片手を頬に当てて考えている女性
しぼみ肌とは?

 

「しぼみ肌」とは、最初に風船の例をあげたんですけど、まさに肌も同じ状態なんです。

 

  • 肌にハリがなくなってきた
  • 何をしても肌が乾燥してしまう
  • 肌のたるみが目立ってきた
  • いつも疲れ顔で周りの人から心配される
  • 肌のくすみが気になってきた

 

本当、嫌なんですけどね・・・

肌がしぼんでるというか、肌が痩せるというか・・・

 

では、なぜ「しぼみ肌」になってしまうのか?

そこんところを詳しく解説していこうと思います。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

同じ痩せるなら、お肌じゃなくって、お腹や太ももが痩せてほしい(笑)なして思う通りにならないんでしょうね~こりゃ人生と同じだなはん ┐(´д`)┌ヤレヤレ

しぼみ肌になる原因とは?

両手で頬を触っている女性
しぼみ肌になる原因とは?

 

なぜ、「しぼみ肌」になってしまうのか?

そりゃあなた、歳をとったからなんじゃございません?と言いたいところなんですけど、加齢だけが原因じゃないんですって!

もちろん、歳を取れば誰でも肌がしぼんでくるんだけど、同い年なのに若いって人もいるじゃないですか。

紫外線による光老化

紫外線は肌にとって大敵!っていうのはもう常識ですよね~

もちろん、歳を取ってくると老化するのは当たり前なんですけど、歳を取る以上に怖いのが 紫外線による光老化なんだそうな・・・

確かに、テレビでも雑誌でも紫外線対策をテーマに取り上げられる頻度って多いと思うんですけど、まさか、そこまで肌ダメージが大きいなんて知らなかったんですよ。

紫外線対策をしているか、していないかで5年後、10年後の肌が違ってくると言うんですから、もうやるしかないですよね!

 

紫外線対策は、基本1年を通してするのが良いんですけど、1年のうちで1番紫外線量が多いのは5月

春の日差しは柔らかい気がするけど、紫外線は大量に降り注いでいるってことらしいんですよ。

だから、のんびり散歩なんてしていると、バンバンと紫外線を浴びていることになるんですね~

 

日本人はメラニン色素が多いから、サングラスをしなくても大丈夫だと思ってたんですけど、 目から入る紫外線でも日焼けはするらしいので、色の薄いサングラスをかけて歩くってことが必須になるかもですよ。

紫外線対策について詳しくはこちらを見てくださいね!

肌老化の原因は紫外線だった 光老化でシミやシワができるって本当?

早乙女わかこ早乙女わかこ

紫外線を目で見ることができたら、もうちょっと上手に紫外線対策ができそうなんですけどね~目に見えないから、ついつい無防備になってしまう気がする・・・はぁ~なんぎだ~(難しいって意味です)

セラミドが減少して乾燥肌に

「しぼみ肌」の原因の1つが乾燥肌!

乾燥肌って年々酷くなっていく気がしません?私は痛いほど実感してるんです・・・

でも、それって気のせいじゃないんですよ。 角質層にある「セラミド」が減っている証拠です。

歳を取ってくると、減少するものって多いんですよね・・・(ノД`)シクシク

 

肌の表面の角質層にある細胞間脂質って知ってます?

細胞間脂質の大部分を占めているのが「セラミド」なんです。

聞いたことがあるよ!って人もいるかもですが、肌の潤いを守ってくれる大切な成分なんですよ。

だけど、セラミドは加齢によってどんどん減っていくんですって!

だから肌が乾燥するんだ~って納得できたんです。

セラミドについて詳しくはこちらを見てくださ~い

セラミドの種類と違い【保湿成分完全ガイド】最も保湿力が高いのは?

真皮のコラーゲンやエラスチンが変化する

「しぼみ肌」の原因として、深刻なのが真皮のコラーゲンやエラスチンの変化。

コラーゲンは、ドラッグストアなんかでも、ドリンクやサプリメントなどが売っているので知っている人も多い成分だと思います。

 

肌にピンッとしたハリを与えてくれるのがコラーゲン

そのコラーゲン同士を繋ぐ役割を持っているのがエラスチン

コラーゲンやエラスチンが正常であれば、肌がふっくらしてハリもあるんですけど、加齢や糖質の摂りすぎなどによって、繊維状のコラーゲンが緩んでしまうんですって。(詳しくは後ほど)

だから、肌がしぼんで、顔がたるむとか・・・

顔のたるみについて詳しくはこちらを見てくださいね。表情筋トレーニングなんかも紹介してますよ~

ほうれい線とたるみ対策【体験談付】マッサージ&エクササイズ動画5選

早乙女わかこ早乙女わかこ

コラーゲンは減るんじゃなくて変化するって知らなかったんです・・・それじゃあ、コラーゲンドリンクやコラーゲンサプリってどのくらい効果があるのかなぁ?効果があるのかどうか、ちょっと飲んで試してみようかな~

 

しぼみ肌に効果的な化粧品とは?

化粧品の成分を確認している女性
しぼみ肌に効果的な化粧品とは?

 

「しぼみ肌」の原因は、

 

  • 肌の乾燥
  • コラーゲンやエラスチンが変化する

 

大きくはこの2つです。

 

まずは、簡単な乾燥肌対策からしていきましょう!

ポイントをわかりやすくお話ししていきますね~

保湿力の高い化粧品を選ぶ

乾燥肌対策にとって大切なのが、保湿成分なんです。

今まで、化粧品の成分を見てお買い物したことってあります?

私はエイジングケアを始めるまで、おしょす(恥ずかしいって意味です)なんですけど、化粧品の成分を見て買うことってなかったんですよ・・・

だから、いつも化粧品に満足するってことがなかったんです。

 

無添加って書いてある!これなら効果があるのかも?」とか「低刺激処方だから肌荒れしないよね!」とかですね~

あと、肌の奥まで浸透するとか書いてあると、これなら肌が乾燥しないかもしれないと思ったり(笑)

でも、見た目や言葉のイメージで化粧品を選ぶんじゃなくって、成分で選ぶってことが大事なんです!

 

ちょっと前に「セラミド」のお話しをしたの覚えてます?

セラミドは加齢とともに減っていくって話しです^^

減っていくものを自分の意志で止めることは不可能なんですけど・・・

ご安心を!減ってしまったんなら、補ってあげれば良いんですよ!

 

化粧品って、そもそも 肌の表面の角質層までしか浸透しないんですって。

だけど、セラミドは、角質層に存在する成分だから補うことが可能なわけなんです (≧▽≦)

でもですね。セラミドは種類もいろいろあるんですよ。

乾燥肌対策に効果的なのが「ヒト型セラミド」。

化粧品を選ぶときは、ヒト型セラミド配合の化粧品を選ぶようにしたいですね。

 

>>早乙女わかこが使ってる「ヒト型セラミド」配合化粧品のレビューを見てみる

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

使ってみるとわかるんですけど、本当に肌が潤うのがわかるんです。乾燥肌歴が長かった私にとって、肌が潤うって感覚は初めてのことでした~感謝カンゲキ雨嵐!じゃなかった感謝感激雨あられです(笑)

 

化粧品で肌のハリは取り戻せる?

正しいのか?間違っているのか?を考えている女性
化粧品で肌のハリを取り戻せるのか?

 

化粧品で肌のハリは取り戻せるのか?

あ~年々、重力に負けて肌がたるんできたな~って私も実感してます。

20代の頃は、ふっくらとしてピーンッてハリとツヤがあったんですけどね~(笑)

 

角質層が潤っていると、表面上は肌にハリが出たような感じがあるんです。

でも、本当の意味での肌のハリって、若い頃の肌のイメージがあるんじゃないかなぁ。

 

若い頃のように、ふっくらとしてピーンッってハリがあってツヤがある!

これを肌のハリとするなら、化粧品でどうこうできる問題じゃないんですよね・・・

なぜって?

それは、 化粧品の成分は真皮まで届かないからです・・・

だから、コラーゲン配合の化粧品とかってあるじゃないですか。

でも、化粧品に配合されてるコラーゲンって保湿成分でしかないんですって!ガビーン!!!

 

真皮にあるコラーゲンやエラスチンが変化してしまうと、肌がたるむというお話しをしました。

コラーゲンは、網目状の伸縮性が少ない繊維なんです。

 

この網目状のコラーゲン繊維が変化してしまう理由が、

 

  • 女性ホルモンの減少
  • 糖質の摂りすぎでAGE(終末糖化産物)が増える

 

この2つなんです。

 

歳は取りたくないなぁって思うんですけど、こればかりはお金持ちだろうが超絶美人だろうが、みんな平等にやってくる(笑)

女性ホルモンは35歳前後から急激に減ると言われてるんですけど、閉経後はガクッと減ってしまうんですよ。

まぁ、私はそれを痛いほど実感しているわけですが・・・

 

自然の摂理には敵わないんですけど、糖質の摂りすぎについては、努力次第でどうにかなりそうじゃないですか?

肌にも良くてダイエットもできる!

考えてみたら糖質制限って老化防止の最強の方法なんじゃないかって最近思ってるんですよ。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

思うんですけど、ガクトって凄いですよね~ふっくら炊かれた白いご飯やフカフカのパンは食べないそうな・・・なんぼしたって米は20年間食べてないって聞いたときは嘘~って思っちゃいましたよ。でもな~だから若さを保てるのかも?(AGEが蓄積されてない!)
ガクトほどストイックにはなれないけど、ぺっこ我慢するくらいなら私でもできそう・・・たま~になら、おやつにチョコやケーキを食べてもいいかな(笑)←自分に甘いのが困りもの・・・

 

しぼみ肌対策!正しい化粧品の使い方

左手に顎をのせて考えている女性
しぼみ肌対策!正しい化粧品の使い方とは?

 

さて、化粧品は成分を見て選ぶのが正しいっていうお話しをしました。

乾燥肌対策に必要な成分は「ヒト型セラミド」ですよ^^

覚えてました?

で、せっかくヒト型セラミド配合の化粧品を購入したら、どうせなら、より効果的な使い方をしたほうがいいと思いません?

 

ここからは、私が実際にどうやってスキンケアをしているのかをお話ししていきたいと思います。

もしかしたら、あなたが知っているものとダブルこともあるかもなんですが、しばしお付き合いくださいね!

蒸しタオルで肌を温めてあげる

ちょっと面倒くさいなぁって思うかもしれないんですけど、蒸しタオルって本当に良いんですよ!

夜はお風呂に入ると思うのでいいんですけど、朝は洗顔したらそのままスキンケア。していません?

ここでちょっと一手間加えると化粧のノリが違うんです。

そうそう、洗顔はぬるま湯だけで、洗顔料は使ってませんよ~

詳しくはこちらを見てくださいね!

 

洗顔しない美容法を50代の私が効果を検証【驚】肌がゴワゴワしない!

 

蒸しタオルは水で濡らしたタオルを電子レンジで1分(600W)ほど温めるだけ。

熱いかもしれないので、必ず確かめてから顔に乗せてくださいね!

そして、顔だけでなく首の後ろも温めてあげるといいですよ。

たったこれだけなんですけど、蒸しタオルで温めてからスキンケアをしてみてください。

 

夏はさっぱりするし、寒い冬は本当に気持ちがいいです(癒やされる~)

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

肌に一番負担がかかるのがクレンジングと洗顔って知ってました?化粧を落とすときは仕方ないから使うけど、朝は化粧もしてないし、油汚れが気になるほど油分もないですしね(笑)
朝の洗顔はぬるま湯だけでOKですよ~

量と回数を守る

化粧品を買ったときって説明書とか読んでます?

私も以前は読まずに、ゴミ箱にポイっ!て捨ててたんですよね~

でも、エイジングケアを始めるようになってから読むようになりました(笑)

 

化粧品によって使用量が違うんですよね。

なので、基本は説明書通り。そして、足りないようなら少し足して使ってみるのがいいと思うんですよ。

夏と冬じゃ気温も違うし、湿度も違いますから、その時期に合う量を使うようにしてます。

 

もしも今まで、化粧水はたっぷり使ってたというならば、それってあまり意味がないことですからね。

どういう意味かというと、肌の表面にある角質層って、厚さがたったの0.02mmしかないんです。

なのに たっぷり化粧水を使っても肌が乾燥する・・・

これは保湿力が少ないからなんですね。

そもそも、化粧水は水分がほとんど。乳液だって化粧水くらい水分が入っているものだってあるんですよ。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

ちなみにですけど、水分って揮発性がありますよね?保湿力が少ない化粧品を使うと、せっかく水分を補ったつもりが水が蒸発するときに一緒に飛んでいってしまうんですよ~
お風呂から上がると、肌がみるみるうちに乾燥するのがわかるじゃないですか。あれと同じ原理です!

気になる部分は重ね付け

化粧品は、気になる目の下や目尻なんかに重ね付けしてね!って、よく言われますよね~

私も、昔は美容液だとかアイクリームだとか、乾燥が気になる場所に塗り塗りしてたこともあったんです。

でも、保湿力が高い「ヒト型セラミド」配合の化粧品だと、今はあまり重ね付けの必要性を感じてないんですよ。

空気が乾燥しているときは、重ね付けすることもあるっちゃあるんですけど、昔ほど塗りたくるってことはなくなりましたね。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

20代の頃から基礎化粧品はライン使いが当たり前だったんです。それが自分の中での常識だったんですが、今はオールインワンジェルだけなのに、若いときより肌が潤っているのがわかるようになりました。

 

しぼみ肌対策に良い食事とは?

栄養バランスを考えた食事
しぼみ肌対策に良い食事とは?

 

「しぼみ肌」対策として、やっぱり中からのケアって大事なんですよね~

 

  • 糖質を摂りすぎない
  • 抗酸化成分のある食材を食べる
  • 女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンを摂る

 

この3つは外せないです!

人間の身体を作ってくれるのは、やっぱり食事なんですよ~

化粧品で補えるものは限られてしまうので、食生活は大事にしたいと思ってるんですよ。

それでは、それぞれについて解説していきますね。

糖質を摂りすぎない

炊きたてのふっくらした白いご飯、焼き立ての香ばしいパン・・・あ~思い出すだけでお腹が減ってしまいます(笑)

糖質ってねぇ。美味しんですよね~

昔っから、日本人の主食は白米なんかの糖質じゃないですか。

子供の頃から慣れ親しんだお米やパン、スパゲッティ (;_;)

 

でもですね。

これらの糖質が、 真皮にあるコラーゲンに影響を与えて、顔がたるんでしまう原因の1つって聞いたらどう思います?

これを聞いたとき「なんですと~!」って叫びたくなりました(笑)

 

人間の身体はタンパク質でできてるんですが、このタンパク質に糖がくっついて、体温によって加熱されると「糖化」という化学反応が起こってAGE(終末糖化産物)ができるんですよ。

体内のタンパク質の中でも、1番AGEの影響を受けてしまうのがコラーゲン

繊維状のコラーゲンにAGEが絡みついて、弾力性が失われてしまう・・・

これが顔がたるんでしまう大きな原因の1つなんですって。

 

でも、全く食べるな!って言ってるわけではないですよ。

だけど、食事時に、ご飯を山盛りによそってたらアウトです(笑)

ぺっ~こ(少しという意味です)だけ我慢して、ご飯茶碗に軽くよそうことを心掛けましょう!

生クリームたっぷりのケーキや甘~いチョコレートなんかも程々に・・・ですね!

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

とはいっても、糖質は人間にとって大事なエネルギー源。全く摂らないでいると、目眩がしたり具合が悪くなったりということもありますよ。たまたま、NHKの「ためしてガッテン」で見たことがあります。ストイックで真面目な人は気を付けましょう!詳しくはこちらを見てくださいね →『糖質制限ダイエットの落とし穴

タンパク質をしっかり摂る

野菜をしっかり食べていても、肉や魚を意識して食べてるって人は少ないんじゃないかなぁと思ったことがあるんですよね~

歳を取ると減っていくものも多いんですけど、もう増えなくてもいいよ!って思うものも・・・それが、脂肪、体重・・・(笑)

健康も気になるお年頃なので、野菜を取り入れたメニューを意識している人って多いんですけど、 タンパク質は不足している人が多いんじゃないかな~って思うんですよ。

 

最近、テレビでもよくやってる「鳥の胸肉」なんかは、カロリーは低いけど、牛もも肉とか豚ロースよりもタンパク質量が若干多いんですよね。

疲労回復効果が期待できる「イミダゾールジペプチド」が含まれているっていうことでドリンクやサプリメントが売られているくらい!

もちろん、鳥の胸肉だけじゃなく、牛や豚、乳製品などもバランス良く食べるのがベストです。

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

鳥の胸肉はもも肉よりも半値近い値段で買うことができるので、家計にも優しい食材。我が家でも、ちょくちょく食卓に並びます。淡白なので、どんな味でも合いますよ~

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを摂る

ビタミンを摂ることも大切なのは十分ご存知かと思うんですが、特に積極的に摂りたいなぁと思うのが、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEです。

 

  • ビタミンA・・・粘膜や皮膚を健康に保つ(レバー、かぼちゃ、うなぎなど)
  • ビタミンC・・・コラーゲンの生成を助ける(柑橘類、いちご、じゃがいもなど)
  • ビタミンE・・・若返りのビタミンと呼ばれていて抗酸化作用が高い(ナッツ類、大豆、青魚など)

 

面倒だからサプリメントで摂ろうって人もいるんだと思うんですよ。

ビタミンCは、水溶性なので多いと身体から尿などと一緒に出てしまうからサプリメントで摂るのはいいんですけどね。(ただし、朝昼晩と分けて飲むほうが効果的です)

ビタミンAやビタミンEは、 脂溶性なので摂りすぎないようにしてくださいね!

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

人間って欲張りなのか良いと思うと、いっぱい摂りたくなっちゃう生き物なのかなぁ(笑)私もそんな時がありました ふふっ!相乗効果を狙ったはずなのに、なぜかマイナスになってしまうという・・・お気をつけあそばせ!

大豆製品を摂る

大豆は大豆イソフラボンが摂れるとあって、女性には人気の食材。

豆腐と納豆は欠かさないようにしてますし!

私は牛乳より豆乳を飲むようにしてますね~(無調整のもの)

さらに、手作り甘酒を豆乳で割ったりして飲むと美味しいですよ。手作り甘酒の作り方について詳しくはこちらから→『グルコシルセラミドは麹に多く含まれている【乾燥肌対策】人気の甘酒5選

 

思うんですけど、数年に1度、必ずおからパウダーが人気になるんですよ。(我が家では欠かせない)

スーパーに行って買おうと思ったのに売り切れになってたりとか・・・

なしてだべ???

職場の同僚と話してたら、謎がとけました!テレビでおからパウダーで痩せたって放送してたらしいんですよ~

原因はテレビの特集か~納得!

 

早乙女わかこ早乙女わかこ

おからパウダーって便利なんですよ。私はハンバーグなんかにも入れますね。でも、欲張って多く入れすぎると家族からパッシングを受けることになるので、加減はしてくださいね(笑)

 

まとめ

「しぼみ肌」の原因は、歳と取ったからだけじゃないんです。

 

  • 紫外線
  • セラミドが減少
  • コラーゲンやエラスチンが変化

 

大きくはこの3つです。

疲れ切った顔、しぼんだ肌、乾燥してカサカサしてる肌、たるんでしまりのないフェイスライン・・・

本当に嫌ですよね~

 

エイジングケア対策として大切なのは、まずは保湿です。

肌が乾燥するのは角質層の細胞間脂質にある「セラミド」が減少しているからなんですよ。

最強の保湿成分は「ヒト型セラミド」です。

なので、「ヒト型セラミド」配合の化粧品を選ぶのが正解!

そして、より効果を高める使い方をすると、より肌が潤うと思いますよ~

50代でも乾燥知らずの肌に!あなたもエイジングケアを始めてみませんか?

 

>>化粧品の成分の一覧に戻る

 

肌本来の潤いを補う「ヒト型セラミド」配合オールインワンジェルランキング

↓                ↓                 ↓

50代でも乾燥知らず!人型セラミド配合オールインワンランキング