落ち込んでいる女性
空の巣症候群と更年期障害で老け顔になってしまった

早乙女わかこです。

今回は、50歳の誕生日を迎えたばかりの主婦の方にお話しを聞いてきました。

先月、50歳の誕生日を迎えたばかりです。

昨年の夏に閉経をしました。2年前に息子が大学進学で家を出ていってから「空の巣症候群」と「更年期障害」で抑うつ状態になり老けた顔になってしまいました。

ホルモンバランスの乱れでというのは、ある程度知識として知っていました。

今まで専業主婦として、夫の世話、子供の世話をしながら忙しく過ごしてきましたが、息子が離れていく寂しさでぽっかりと穴が空いてしまい夕方になると涙が出てくるようになりました。

そして、朝起きることが億劫になったり、昼間も寝て過ごしてしまうことが多かったです。しっかりしなきゃと思うのに身体がついていかないのです。

まさか自分が空の巣症候群になるとは思いませんでした。

いつの頃からか息子が座っていた椅子に座り、鏡をおいて対話をするようになっていました。ある日、改めて自分の顔を鏡でじっくり見て驚いたんです。

「えっ!これが私なの?一体いつの間にこんなに老けたのか・・・」

鏡を見ると、疲れ果てて老けた中年の女性の顔でした。シミ、そばかす、シワ、くっきりとしたほうれい線にがく然となりました。今までゆっくりと過髪を見る気持ちの余裕がないくらい、妻として母として一生懸命頑張って生きてきました・

なのに、ふと気付いたら一人の女性としての自分の誇りがなくなっていました。一体どこへいってしまったんだろう・・・

女性が女性としての誇りや自信を失うときは人生で2度あると思うんです。

それが出産後や更年期なのではないか・・・鏡を見て現実を見たとき、これほど深いため息をついたことはなかったかもしれないです。

抑うつ状態が少し落ち着き、ふさぎ込んでいたのが、だいぶ元気になってきましたので、50歳になってやっとエイジングケアに挑戦してみようと思います。若々しい印象になって外見が変化すれば、精神的にも良い効果があるような気がします。

高額な美容整形手術はリスクを考えると怖くてできません。

健康的に自分でできるエイジングケアの方法を学びたいと思っていますが、いろんな美容法がたくさんありすぎて、どれを選んでよいのか迷いますね。まずは、できることからやっていければと思います。

家族の都合で春から犬の散歩が私の担当になったので、ちょうどいい運動はできているような気がします。エイジングケアができる化粧品、50代の私に合うサプリメントなどの勉強をしなければダメですね。

 

>「50代からのエイジングケア|早乙女わかこのリアル実践記」HOMEへ戻る