落ち込んでいる女性
若く見られるように頑張っているのに主人には馬鹿にされます

早乙女わかこです。

今回は、もう少しで還暦という女性に話しを聞いてきました。

若く見られるようにエイジングケアを頑張っている女性痛々しいと思われるでしょうか?美容台を毎月何万円も化粧品やサプリメントなどに使い、若さを保とうとする私は愚かなのかと思ってしまいます。

主人は私が一生懸命にスキンケアをし、サプリメントを飲んでいると「 そんなに大金をかけたって無駄なんじゃないか?」と言われます。

確かにお金をかけすぎかな?と思うこともありますが、私が働いたお給料の範囲内でのことです。主人に迷惑をかけるようなことをしているとは思いませんし、男性だって老けた奥さんより若く見える奥さんのほうがいいんじゃないの?と思います。

その人の価値観の違いはあると思いますが、全面的に否定をされると自信がなくなってきます

友人と話しをすると、否定はされません。むしろ、エイジングケアに対する知識は増えるし、話しを聞いていても面白いと言ってくれます。

化粧品やサプリメントはそれこそ、かなりの数を試しています。

その努力の甲斐あってか、シミやシワは少ないほうで肌年齢は若いほうだと自負しております。

友人は化粧品やサプリメントというよりも、筋トレをずっと続けている人ですので、身体がとても若々しく、とても同い年には見えないのです。羨ましいなぁと思いますが、そこまで筋トレをするのは自分には無理かもしれない。友人には筋トレを勧められますが・・・

つい最近、この人は痛々しいなぁと思ったことがありました。

たまにいますよね?若さこそ美しいと思い、そぐわない年齢容姿でいる人。

多分、同い年くらいの人だと思いますが、髪型はソバージュでピンクのトップスにピンクのフレアスカートをはいていました。私もピンクは好きですが、さすがに上下ピンクは着る勇気はありません。周りの人も振り返って見ていましたから、かなりの違和感があったのですね。

芸能人など女優さんなんかは、いくつになっても素敵な人はいらっしゃいます。60歳だろうが70歳だろうが、美しい脚線美を人前で披露できるならそれでもいいのでしょう。

美しい容姿を保つ努力をされているなら、極端な話しですが、ミニスカートをはいてもいいのだと思います。

確かに若さはいいなぁと思いますが、この年齢で若さを追求しても痛々しいだけですよね。そうならないように、還暦間近であっても、その年齢にあったオシャレを楽しみ、同年代の女性よりも若く見られるように努力をすることが大切なんですよね?

 

>>若く見える人と老けて見える人の違いについて詳しくはこちらから『50代の同窓会は見た目の差が大きい 若く見える人と老けて見える人の違いとは?』