喜んでいる主婦
ストレスは肌老化の原因になる!

早乙女わかこです。今回は、ご自身のお父さんとおばあちゃんの介護がなくなったら若く見られるようになった65歳の女性の話しを聞いてきました。

以前は、父と祖母の介護や、他にも親戚のことやらいろんなことが重なり、夜もろくに寝られない、昼間も介護で疲れ、毎日が辛かったです。

そのせいか、年齢よりもずっと歳を取っているように見られていました。顔もシワシワで肌もダルダル。疲れているのに休むことができず、ため息ばっかりついていました。会う人会う人みんなに「大丈夫?つかれているんじゃないの?」と心配ばかりされていました。

そのときは、化粧もする気になれず、基礎化粧品も特に何もしていなかったので、当然だったかもしれません。

60歳になって、介護から開放され、その時から、このままじゃダメだ!小奇麗にしようと思い、エイジングケアを始めたんです。

娘に聞きながら、自分にやれることをやってみました。

枕をしないで寝る
テレビで見た顔ヨガを毎日やる
白髪染めをしに美容院へ
シャンプーはちょっとお高いものに変える
伸ばし放題だった髪をショートに
ブラッシングを毎日やる

最初は、これくらいから始めてみました。

劇的に変化をしたわけではないですが、2ヶ月3ヶ月と経っていくうちに、娘から「お母さん、なんか綺麗になってきたね」と褒められるようになってきました。

娘は美容にとても詳しく、いろんな事を教えてくれます。

娘に聞いたところによると、頭皮や髪との繋がりは侮れないと言います。確かにしっかり頭皮マッサージやブラッシングをするようになってから、肌も変わってきたように感じています。

今まで、髪を染める時間もなく、白髪を染めようと思ったら、自分でやらずに美容院へ行ってしてもらうほうが肌にもいいよというアドバイスをもらいました。

今まで、基礎化粧品もろくに使ったことがなかったので、娘に選んでもらいせっせと毎日スキンケアもするようになりました。

そして、お世辞にも健康的な生活とは言えない毎日でしたので、これを機に運動も始めるようになったんです。

最初はウォーキングから始め、慣れてきた頃に軽いジョギングをしています。

すると、たるんでいた顔が少し引き締まった気がします。

運動をして汗をかいたことで、血流が良くなって肌も変わってきたのかもしれません。心なしかシワも減ったような気がします。そして、以前は、熟睡をすることがなかったのですが、夜もぐっすりと寝られるようになったのが驚きました。

何よりも、介護疲れでストレスが溜まっていたのが、一気に楽になり、精神的にも安定したのが大きいのかもしれません。

 

>「50代からのエイジングケア|早乙女わかこのリアル実践記」HOMEへ戻る